WWE:ケビン・オーウェンズとサミ・ゼインの数奇な運命「あいつが受けるべき評価を得るのになぜこれだけ時間がかかったのか分からない。俺たちはもう平行するべきじゃない」


 

ケビン・オーウェンズは、サミ・ゼインについてWWE RAWで語ったことを補足しました。


オーウェンズとゼインは、WWEに登場する前から長年の知り合いです。『リング・オブ・オナー』では時にはチームを組み、時には記憶に残る確執を繰り返しています。WWEでは何度か衝突しており、また別の場所でも力を合わせています。オーウェンズが 「ブラッドライン」 を標的にしたことで、両者のライバル関係が再燃しました。ゼインは、オーウェンズのWWE Survivor SeriesでのWarGamesの試合を左右し、次の夜のRAWで、オーウェンズは彼とは単に終わったと言い放ちました。


コーリー・グレイヴスと共にWWEのAfter The Bellに出演したオーウェンズは自身のメッセージについてコメントし、心からのものであると述べました。彼は、2人はキャリアを通じて互いに助け合ってきたが、人々の心の中で常にペアになっていることを考えると、お互いを引き止めてきたと述べました。数年前、ゼインが何かのために舞台裏でヒートを浴びたとき、オーウェンズもヒートを浴びたことを思い出した。そして、ゼインは今一人で成功しているのだから、二人のキャリアを一括りにするべきではないと強調した。


「月曜日のこの時点で、俺の言ったことは心からのものだった。俺たちは長い間このようなことをしてきましたし、キャリアを通じて本当にお互いに助け合ってきましたが、人々の心の中で常にペアを組んでいるという理由だけで、おそらくお互いを引き止めてきたのでしょう。一緒にいなくても。」

「これだけは言っておくが、2017年当時、人々の心の中では、彼と私は一体であり、彼が何かのために舞台裏で熱くなったら、俺も熱くなるだろうと思っていた。たとえ俺が関係なかったとしても。ヨーロッパツアーを一緒に始めたことがあるんだけど、それは...お互いに責められるべきことはないと思うけど、俺はほとんど関わらなかった。ただ「あいつらをここから追い出せ。」だけではなかった。「どっちも必要、どちらとも必要」ではなかった。」

「文字通り、月曜日に俺が言ったことにはその側面がある。やるべき時が来た。彼は繁盛している。月曜日もそういうつもりだった。人々は俺が20年間そこにいたと知っているサミ・ゼインを見ている。彼はずっとWWEで素晴らしい活躍をしてきたので、注目されてあいつが受けるべき評価を得るのになぜこれほど時間がかかったのかわかりませんが、この数ヶ月で明らかに人々の目が開かれ、それは素晴らしいことですが、俺たちのキャリアがこれ以上並行することが最適だとは思わないんだ」


オーウェンズはさらに、過去に別々の道を歩もうとしたとしても、必ずお互いに戻る道を見つけると述べました。Battleground 2016での対戦が最後になるはずだったが、長年に渡って対戦を続けているという。


「二人とも長い間離ればなれになろうとしていたのに、うまくいかなかっただけで、なぜかいつもお互いに戻る方法を見つけていたと思う。これは2016年、バトルグラウンドで試合をして、みんな;コメンテーターが話していたし、舞台裏でもみんなが話していたし、ビンス・マクマホンが「これがお前たちの最後の試合」と言っていた。あれから何試合あった?」


オーウェンズとザ・ブラッドラインは敵対関係にあるが、オーウェンズとゼインがシングルマッチで対戦したのは2021年のWWE・スマックダウン7月2日放送回が最後である。この試合は当時の二人の確執の頂点だった;彼らはWrestleMania 37とHell in a Cell 2021でも対戦していた。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???