Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

ROH:怪奇!2005年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア予選となったトーナメントで新日本がドラゴン・ソルジャーBの優勝を指示してきたとの噂!!


 

リング・オブ・オナーは2014年から新日本プロレスのアメリカン・パートナー・プロモーションを務め、2019年4月にマディソン・スクエア・ガーデンで行われた合体ショー 「G 1スーパーカード」 で頂点に達しました。


ただし、両社が業務提携を結んだのはこれが初めてではありません。ROHはこれまでのゼロワンや全日本プロレスとの関係を経て、2004年後半から獣神サンダー・ライガーの招聘に向けてNJPWとの連携を開始し、そこから関係は発展していきました。2005年4月、ROHはNJPWが毎年開催しているベスト・オブ・ザ・スーパージュニア・ラウンドロビントーナメントの予選を兼ねた一夜限りのトーナメントを開催することになり、それによって関係が強化されるはずでしたが、実際にはすべてが地獄に落ちました。


開幕戦は、ブライアン・ダニエルソン、ブラック・タイガー (ロッキー・ロメロ) 、ジェームズ・ギブソン (ジェイミー・ノーブル) 、ドラゴン・ソルジャーB (ケンドー・カシン) と、NJPWと因縁のあるレスラーが各試合に1人ずつ出場したため、判定は簡単でした。


理論的には、アメリカの予選通過者として、ダニエルソンかギブソンがトーナメントで優勝するのが最も理にかなっていましたし、当時ROHのブッカーだったゲイブ・サポルスキーが2009年にInside Pulseに語ったように、それが最初の計画でした。


ですが、NJPWは理由はどうあれ、最終的に台本をひっくり返し、ROHにドラゴンソルジャーBをトップにするよう指示しました。このギミックのカシン (その性質は説明されたことがないが、その価値はどうあれ) は、当時のROHやNJPWのレスラーの大半よりもずっと重いスタイルでshtickに取り組んでいたため、これがどのように受け取られたかは想像できません。ですが、ドラゴン・ソルジャーBもベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに出場できず、ROHトーナメントは無意味になりました。(しかし、数ヶ月後のG 1クライマックスヘビー級トーナメントではケンドー・カシンが活躍したのはなぜでしょうか。)


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!