WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

AEW:ウィリアム・リーガルがマスクマンの実況エクスカリバーに対し"Man in the Mask"と語り続けた謎が解き明かされる!「それを通して彼が微笑んだり、他の二人が笑ったりしているのを見たら、いい。」


 

ウィリアム・リーガルは、解説での 「仮面の男」 の台詞でエクスカリバーを笑顔にしたかったと明かしました。

リーガルはAEW Revolution 2022でデビューし、ジョン・モクスリーやブライアン・ダニエルソンとタッグを組んだ。3人はブラックプール・コンバット・クラブを結成し、後にウィーラー・ユウタとクラウディオ・カスタニョーリを加えた。その後の数ヶ月間、彼は頻繁にAEWの解説チームに加わり、親方の試合を解説した。リーガルは何度もエクスカリバーを 「仮面の男」 と呼び、 「むさぼり食いたい」 「カスタードで窒息させたい」 などと目を見張るような台詞を言いました。

10月に開催されたITR Liveでの講演で、リーガルはAEW時代について語り、エクスカリバーとのファンのお気に入りのダイナミクスを解説で強調しました。リーガルは、番組の登場人物がお互いを 「恋人」 と呼んでいたことから、自分自身であることと、当時見ていたブラッシックのテレビ番組からの借用から始まったと述べました。さらに、彼は自分の人生ではとにかく愛情のこもった言葉を使っていると指摘しました。


「最初の週に何が起こったかというと、私はただ私であって、何かを考えたのではなく、エクスカリバーに何かを話し、そこから話が進んだのです。当時、私はテレビを見ていて、その番組ではみんなが家の中のみんなを恋人と呼んでいたので、私は「ああ、いいですね。」と思いました。私はいつも人をサンシャインと花びらと呼んできましたし、北部の言葉も使ってきました。」

「だから『ああ。やったことがあるし、これから話すことには少しも考えたことがない。実際に見ていただいても、何を言うのか自分でも全くわからず、 「Blag,blah,blah」 と言ってしまいましたが、これは毎週のようにやっていたことで、今では当たり前のことになっています。何週間か放置していたのは、試合が真剣勝負ではないと感じたからだ。しかし、私は何も考えていないので、期待し続けないでいただきたい」 


リーガルは、ダニエルソン、ユウタ、カスタニョーリとのトレーニングを楽しみながら、AEWでの人生の時間を過ごしている様子を語りました。そして、エクスクリバーと彼の放送パートナーを笑顔にするために、彼の記憶に残る 「仮面の男」 のセリフのように、解説で 「バカなこと」 を言うと述べました。解説は残酷な仕事になる可能性があるとリーガルは指摘し、状況にユーモアを加えることで負担を軽減したいと考えました。


「私は自分の人生の時間を持っているだろうか?はい、そうです。私が人生の時間を過ごしているのは、そのグループに属するすべての人々と仲良くしているからであり、それは現実のものである。10時にウィーラーと一緒にそこでトレーニングをしています。私とブライアンがそこにいて、クラウディオが出てきたんだから、私はそれをいじるつもりはない。ジョンは自分が欲しく現れます、だから好きなのです。彼は私たちのグループの中で自分の役割を果たしていますが、彼がバックステージに来たとき、彼はすべてのシリンダーで発射しているので、彼がリングから出た後、私とウィーラーに物事の見方を与えます。私は『それは、彼が私とは違う人生を送ってきたからわからないことだ。突如、多くの人が集まり、耳を傾け、私たちがやろうとしていることに注目をしています。ただ私たちはこれをありのままにしようとしているからです。基本的にはNXTの始まりと変わらない。みんなができるだけ良い人間になるように努力しよう、それが本当の姿だ。」

「たまたま私がやっていることを全部できて、ただバカなことを言うだけでした。あのアナウンサーたちはただものを呼ぶだけの残酷な仕事をしている。私が外に出てエクスカリバーを20秒間笑わせることができれば、彼は外に出て言葉を完璧にするために必要なものをすべて手に入れたことになる。外に出て荷物を軽くしたいだけです。それを通して彼が微笑んだり、他の二人が笑ったりしているのを見たら、いい。5秒かけて (イライラした音を) 鳴らさないようにしたとしても、それはあなたを助けたり、レスラーにある種のやり方を教えたりするのと変わらない。負荷を少し軽くするために、私は努力しています。だからやっているんだ」 


12月7日、ROH Final Battleのメディア向け電話会議において、トニー・カーンは、リーガルがWWEに復帰して息子のチャーリー・デンプシーと一緒に仕事をしたいので、年末に契約のオプションを受け取らないよう会社に頼んだと発表した。詳細については、こちらを参照してください。

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について