Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

PWG:究極インディー天下一武道会Battle of Los Angellesに竹下幸之介が参戦!!!!今年は女子選手も参加してより熾烈な戦いが待ち構える!!


 プロレスリング・ゲリラは、AEWのスター選手で竹下幸之介が、カリフォルニア州ロサンゼルスのグローブ・シアターで1月7日と1月8日の二晩にわたって行われるトーナメント、2023年バトル・オブ・ロサンゼルスに参戦することを発表しました。


この大会は2005年から毎年開催されている。過去の受賞者には、ケニー・オメガ、エル・ジェネリコ (サミ・ゼイン) 、アダム・コール、カイル・オライリー、リコシェ、バンディードなどがいます。

ダニエル・ガルシアはバトル・オブ・ロサンゼルス2022で 「スピードボール」 マイク・ベイリーを決勝で破り優勝しました。

過去にも日本人は出場しており、CIMA、ドラゴンキッド、堀口元気、NOSAWA論外、菊タロー、戸澤陽、カマイタチ(高橋ヒロム)、T-Hawk、鷹木信悟などが参加してきました。


その他の参加者は、バンディード、ラティーゴ、アレックス・シェリー、リオ・ラッシュ、ブラック・タウルス、ジョナサン・グレシャム、コマンダー、アラミス、タイタス・アレキサンダー、"スピードボール"マイク・ベイリー、マーシャ・スラモビッチ、シュン・スカイウォーカー、IMPACTノックアウトチャンピオンのジョーディン・グレイス、インディー旋風を巻き起こしたマイケル・オク、エル・イホ・デル・ビキンゴ、そしてBOLA 2022トーナメントの優勝者である現PWG世界チャンピオンのダニエル・ガルシアに加わります。

今年の特徴は、マーシャとジョーディンという女子選手がここに名前を連ねていることが特徴だと思います。また、IMPACTに所属、参戦している選手が多いというのも特徴かもしれません。

Wrestling Heaglines

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!