WWE:マット・ハーディーがクリス・ベノワが亡くなった日のことを回想「棺もあるし、いたるところに花輪もある、ビンスの爆発の後のエピソードにしては奇妙で不気味な雰囲気だった」


 

2007年6月、クリス・ベノワが自殺する前に妻ナンシーと息子ダニエルを殺害したことが明らかになり、現実の悲劇がWWEを襲いました。

当初、WWE関係者はベノワと彼の家族が死んだことしか知らなかったようです。このため、ビンス・マクマホンのリムジンの爆発事故の後に予定されていた 「RAW」 のアングルの計画は中止されました。マット・ハーディーによると、事態が急変したのは、すでにマクマホンの 「葬儀」 の準備が整っていたため、その日はさらに気味が悪くなったと『The Extreme Life of Matt Hardy』で回想しています。


 「あの日がいかに不気味だったか覚えている。 (ベノワは) 週末中ずっといなくなっていた。その週末に行われたハウスショーのメインイベントで代役を務めることになったんだ。これは、ベノワが仕事を休むことが知られていなかったため、事態を奇妙なものにした。そして最初のタレント会議が始まったんだ。一日中歩き回っていた。棺もあるし、ヴィンスのためにやるショットも違うし、いたるところに花輪もあるし、花もあるし、まるで葬儀場みたい。ビンスの爆発を追った番組をやるにあたり、奇妙で不気味な雰囲気があまりにも多い」 


その後、ハーディはアンダーテイカーと妻のミシェル・マクールが現れるのを見ました。マクールは目に涙を浮かべていた。テイカーは気丈にしていたが、その時ベノワが死んだことに気づきました。その後まもなく、彼の家族も同様であることを知りました。ショーの計画はすぐに変更され、マクマホンと上層部はこのニュースを伝え、ハーディはベノワの証言を依頼され、彼は他の人々と同様に、死亡の状況が知られていなかったために断りました。


「とても悲しい日だった。非常に悲しい。とにかく、あらゆる点で驚くほど不気味だったんだ」 


Wrestling Inc


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???