Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

新日本:ランス・アーチャーが1.4IWGP世界ヘビー級王座をかけて戦うオカダ、ジェイ・ホワイトに対し挑発「どっちでも構わない!やろうじゃないか!」


ランス・アーチャーは2011年に新日本プロレスに進出して以来、新日本プロレスでかなり活躍しています。IWGP USヘビー級王座を2度、デイビーボーイ・スミス・ジュニアと共にIWGP世界タッグ選手権を3度保持しています。しかし、NJPWの最高賞であるIWGP世界ヘビー級王座は、アーチャーの全キャリアから遠ざかっています。「マーダーホーク・モンスター」 はこれまでタイトルショットすら受けていません。


1月4日、レッスルキングダム17のメインイベントにて、ジェイ・ホワイトがIWGP世界ヘビー級王座を防衛し、今年のG 1クライマックスの勝者であるオカダ・カズチカと対戦します。オカダとジェイのマッチアップが間近に迫ったことを受け、アーチャーはツイッターで「簡単なことだ。レッスルキングダムの勝者と戦いたい!@rainmakerXokada@JayWhiteNZ どっちでも構わない!やろうじゃないか!@njpw 1972@njpwglobal戦いを恐れるな! 」とつぶやきました。これは、タカタイチ興行のバックステージで彼が最終的にタイトル獲得に興味を示していると投稿した動画に対するものです。



アーチャーは今夏のG 1にAEW代表として出場し、ブロックAに位置していたが、アーチャーが6ポイントで大会を終えた一方で、オカダが10ポイントでアーチャーを破ってブロックを制したため、先に進むには力不足でした。このブロックでのアーチャーの3勝は、矢野通、トム・ローラー、そして最近ブロンソン・リードとしてWWEに復帰したJONAHとの対戦であった。アーチャーにとって6度目のG 1クライマックスとなったが、出場した試合ではまだファイナルに進出できていません。2011年から2014年の各G 1で、アーチャーは最終的に8ポイントを獲得した;2019年は6位に終わりました。

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!