Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:故ブロディ・リーの出身地ロチェスターでのスーパーショーで、セス・ロリンズがマイクを握り、リーへの追悼と感情を顕に。


 

セス・ロリンズは、週末のWWEライブイベントでブロディ・リーに敬意を表しました。


リーは2012年にWWEと契約。ルーク・ハーパーと改名され、最終的にはブレイ・ワイアットやエリック・ローワンらと共にワイアット・ファミリーの一員としてメインメンバーに名を連ねました。この3人組は、最近の歴史の中で最も記憶に残る活動の一つとなりました。その他のハイライトとしては、グループはWWE Elimination Chamber 2014でThe Shield (セス・ロリンズ、ディーン・アンブローズ、そしてロマン・レインズ)との忘れがたい衝突を経験しました。リーは在籍中にスマックダウン・タッグ王座を2度獲得し、WWEインターコンチネンタル王座も保持していました。

2019年にWWEを離れ、2020年にAEWと契約。リーはThe Exalted Oneであることが明らかになり、ダークオーダーのリーダーとして頭角を現しました。TNTチャンピオンシップを獲得したが、健康上の問題で会社での時間は短くなりました。2020年12月26日、李は特発性肺線維症により死去しました。


12月3日、ニューヨーク州ロチェスターで開催されたWWEホリデー・ツアー・スーパーショーで、ロリンズは地元のリーについて感情的なメッセージを語りました。クリップ (Ella Jay提供) は以下の通り。



ロリンズはメッセージの中で、リーがこの世を去って以来、ロチェスターでリングに戻ったのはこのショーが初めてだったと述べました。彼はリーを愛しており、彼が恋しいと述べました。ロリンズはまた、番組がリーのためのものだったことを強調し、ロチェスターでWWEが開催されるたびにそう感じているという。


「彼は数年前、ちょうどこの頃に亡くなりました。彼の街にマイクを持って来て、彼にどれだけ会いたいか、どれだけ愛しているか。今夜は彼のためだと言いたかったんだ。ロチェスターに来るたびに、私の心の中では、私たちが彼のためにここにいることを意味しています。今日は土曜日で、それが何を意味するかは分かるだろう、為すべきことを為し、祈り続けるんだ。」 


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!