AEW:ゴールダスト・ラストラン!ダスティン・ローデスが2023年を目処にプロレス引退を示唆「できる限りのことをして、楽しめるようにしたいと思っていますが、誰もが知っているように、これは若者のゲームなのです。」


 

ダスティン・ローズが大きな発表をしました。


Blizzard Brawlの収録で、ダスティン・ローデスは2023年がレスリングでの最後の年になると発表しました。彼はは現在AEWと契約しており、1988年9月にプロデビューしています。


ローデスは11月、AEWとの契約があと1年ほど残っていることを明らかにしました。52歳のローデスは8月26日のAEW Rampageレスリングを行い、クラウディオ・カスタニョーリのROH世界タイトルに挑戦したが失敗に終わりました。膝の手術を何度も受けているが、体調は良好で、すぐにリングに復帰することを望んでいます。


「膝は素晴らしい。気分がいいです。帰る準備はできています。すぐに、おそらく2週間ほどで戻ってくるだろう。今は気分がいい。年をとってきて、そういうのがちょっと気になるんです」

「たくさんの掃除(手術)をしてきましたが、ACLの手術は受けたことがありません。全部で14回の手術です。膝の回復に少し時間がかかっているのは、老けているだけでした。これで決まりました、いいですね。私は年をとり、彼らは若く、速くなっている。自分の時間が短いのはわかっている。契約期間はまだ1年弱残っていますし、今でも大好きでかなり情熱を傾けているので、できる限りのことをして、楽しめるようにしたいと思っていますが、誰もが知っているように、これは若者のゲームなのです。」 


ローデスはAEWのコーチも務めています。


Fightful


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???