WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

ICERIBBON:On December 4, ICERIBBON will have a mixture of different ideas!A one-on-one battle between Mashiro and Anou!!


 

On December 4, ICERIBBON will have a mixture of different ideas!



There is an opinion among Japanese fans that ICERIBBON is not energetic. Are they really? Things have been piling up, with departures continuing and representative Fujimoto Tsukasa taking a break. But there's still a lot of wrestling here that we should be focusing on.


Main match Mashiro Yuuki vs Anou Saori reveals that Yuuki, nearing retirement, wanted to play a single match for the last time. Saori is currently the ICE x infinity champion, and more fights are in store by defeating Yuuki. However, Saori is wary of Yuuki for doing something unexpected.


The semi-match made for an interesting combination. Honma Tae and Ozaki Maika are known for their tag team called SPiCEAP. But at the same time, Maika is better known for his Rebel & Enemy unit with his opponent, Yukihi Maya. Maya will team up with Sumika Yanagawa, who belongs to JTO. Sumika has teamed up with various members such as 1111 (and Himekagura Misa, YuuRI), and teaming up with Maya gives Sumika a new essence.


The 4th match, Totoro Satsuki vs Hoshi Ibuki, will be a showdown between two of ICERIBBON's best power fighters. Since Tsukasa went on hiatus, Satsuki, who prides himself as the mainstay of ICERIBBON, must win here and follow Saori's path to the title of champion in order to achieve both in name and reality. However, it is possible that Ibuki has also improved after the Hokkaido tour.


Finally, the second match will feature Umino Tsukina's debut match. Tsukina originally learned wrestling at WAVE, but she quit once due to mental and physical reasons. You should pay attention to her fight as she aspires to wrestle again.


Today, ICERIBBON has a new human pattern that includes JTO, COLOR'S, and members of Rebel & Enemy. In particular, JTO members and ICERIBBON members are close in age and the time of their debut, so they have a strong affinity and sometimes seem to compete with each other as rivals and sometimes as peers. Here's what to see.

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について