AEW:マット・ハーディーの突然の乱入は一体なんだった??実はDarkでイーサン・ペイジとマットのプロモが展開中!本人起案のストーリーにAEW内外の評価が非常に高い模様


AEW RampageやAEW Dynamiteを放送しているTNTやTBSの明るい光から離れて、YouTubeで放送していることを考えると、AEW DarkやAEW Dark:Elevationの存在を忘れがちになるかもしれません。

しかし、それらはアレックス・レイノルズとキップ・セイビアンの現在進行中の一連の試合のように、自己完結したプロットを持っており、現在社内で多くの肯定的な注目を集めているストーリーラインを補完しています。


木曜日の午後、Fightful Selectは、The Firmのイーサン・ペイジとマット・ハーディーの間で過去1ヶ月間続いていたストーリーラインに関する追加情報を提供しました。10月の Rampageで始まり、ペイジはPrivate Partyのイザイア・キャシディを破り、キャシディ、ハーディー、そしてキャシディのパートナーであるマーク・クエンをThe Firmに参加させた。それ以来、ペイジは3人の人生を惨めなものにし、ハーディーに罰金を科し、ツイスト・オブ・フェイトの使用を禁じたが、ハーディーとプライベート・パーティーはハーディーの必殺技に頼らず勝ち続けています。


情報筋がFightfulに語ったところによると、この確執は主にハーディーとペイジ自身の発案によるもので、両者は最初に協力したときには意気投合していたという。ハーディーとペイジのバックステージでプライベート・パーティーも取り上げられたコーナーが今週のDarkで放送されたことで、ストーリーの評価は社内外で高まったようです。このセグメントはわずか1テイクで成功したといいます。


Fightfulによると、このストーリーラインはAEWの今後を占うようなものになるとAEW内で見られています。Dynamiteの放送の中で、リッキー・スタークスとアリ・ダイバリの試合の前に、ハーディーがペイジとThe Firmのリーダーであるストークリー・ハサウェイのプロモーションを中断して、ストーリーがDynamiteに流れ込んだのは、おそらくこのためと見られています。

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???