ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:マット・ハーディーの突然の乱入は一体なんだった??実はDarkでイーサン・ペイジとマットのプロモが展開中!本人起案のストーリーにAEW内外の評価が非常に高い模様


AEW RampageやAEW Dynamiteを放送しているTNTやTBSの明るい光から離れて、YouTubeで放送していることを考えると、AEW DarkやAEW Dark:Elevationの存在を忘れがちになるかもしれません。

しかし、それらはアレックス・レイノルズとキップ・セイビアンの現在進行中の一連の試合のように、自己完結したプロットを持っており、現在社内で多くの肯定的な注目を集めているストーリーラインを補完しています。


木曜日の午後、Fightful Selectは、The Firmのイーサン・ペイジとマット・ハーディーの間で過去1ヶ月間続いていたストーリーラインに関する追加情報を提供しました。10月の Rampageで始まり、ペイジはPrivate Partyのイザイア・キャシディを破り、キャシディ、ハーディー、そしてキャシディのパートナーであるマーク・クエンをThe Firmに参加させた。それ以来、ペイジは3人の人生を惨めなものにし、ハーディーに罰金を科し、ツイスト・オブ・フェイトの使用を禁じたが、ハーディーとプライベート・パーティーはハーディーの必殺技に頼らず勝ち続けています。


情報筋がFightfulに語ったところによると、この確執は主にハーディーとペイジ自身の発案によるもので、両者は最初に協力したときには意気投合していたという。ハーディーとペイジのバックステージでプライベート・パーティーも取り上げられたコーナーが今週のDarkで放送されたことで、ストーリーの評価は社内外で高まったようです。このセグメントはわずか1テイクで成功したといいます。


Fightfulによると、このストーリーラインはAEWの今後を占うようなものになるとAEW内で見られています。Dynamiteの放送の中で、リッキー・スタークスとアリ・ダイバリの試合の前に、ハーディーがペイジとThe Firmのリーダーであるストークリー・ハサウェイのプロモーションを中断して、ストーリーがDynamiteに流れ込んだのは、おそらくこのためと見られています。

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!