AEW:苦戦!!Dynamiteの視聴数が3週連続で90万人を下回る、前年比では上回るものの、18-49のキーデモは先週からさらにダウン!2021年3月31日のNXTとの直接対決以来、最低を記録!


 

11/30のAEW Dynamite は、三週連続で総合視聴率90万人を下回り続けました。さらに驚くべき数字は、AEWの看板番組が2021年3月以来最低の1849人の主要人口統計を獲得したことです。


AEW世界ヘビー級王者、MJFの最初のプロモコーナーと、The Elite vs.Death Triangleの7試合シリーズの第3ラウンドがヘッドラインとなりましたが、平均視聴者数87万人で、先週の88万人からさらに減少しました。明るい話題としては、2021年12月1日のエピソードが平均861,000人の視聴者だったため、全体的な視聴者数は前年比でわずかに増加しました。


切望されていた18-49歳にかけてのデモでは、11/30の AEW Dynamiteの評価は0.26で、先週の0.32から大幅に下がりました。Wrestlenomicsによると、0.26%の視聴者数は344,000人で、同じデモでの421,000人から減少しました。この数字は、水曜日の夜にAEWが 「WWE NXT」 と直接対決した最後の例の1つであった2021年3月31日のエピソード以来、番組の最も低い主要なデモレーティングです。


この夏、AEWの看板番組は好調で、8/24から9/21まで放送された5週間連続で視聴者数が100万人を超えました。しかし、 AEW Dynamiteは、メインイベントでクリス・ジェリコ&サミー・ゲベラ対ブライアン・ダニエルソン&ダニエル・ガルシアがヘッドラインを務めた10/5エピソード以来、なかなか1 Mの大台に乗ることができていません。


来週放送されるダイナマイト・ダイヤモンドのバトルロイヤル、クラウディオ・カスタニョーリ&ウィーラー・ユウタ対ジェイク・ヘイガー&ダニエル・ガルシア、そして新AEW女子世界チャンピオンのジェイミー・ヘイターのインタビューがメインとなる番組の視聴率でAEWが立ち直れるかどうかはまだ分かりません。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???