ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

怪物が帰ってくる -あの頃のノア-

森嶋猛、三年ぶりの復帰。
この文字を見た瞬間に声を上げてしまった。
190cm、125kg
日本人離れしたその巨体はかつて日本とアメリカ、その両方を股にかけて荒らし回った。
新日本プロレスが復活の狼煙を上げるその前夜
ノアだけがプロレスの砦と信じられていたその時代に
圧倒的な強さを誇っていた怪物が帰ってくる。
NOAHという団体は、馬場さんの全日本プロレスから離脱した三沢光晴らが結成した団体で、新日が総合格闘技と絡むのを尻目に、純粋なプロレスのゴツゴツした試合を貫いてきた団体である。
馬場さんをイメージしてもらえば分かると思うが、全日という団体は体が大きい規格外のデカさの奴が優遇される。
大きければ大きいほど、異質の存在として見られる純粋なプロレスのイメージを守っていたし、森島はその中でも特別に大きかったから期待もされていた。
ただその才能が開花するのは、だいぶ遅く苦労したタイプのレスラーだ。
動きが鈍くさい訳ではないが、その大きな体を使い切れず、大事なところでチャンスを逃していた森嶋が、アメリカに渡って化けた。
周りは下手すれば自分よりも大きな相手もいるような状況。
元々、運動神経が悪いわけではないのが、若手の頃から徹底的にやってきたロープワークと受け身で、デカくて派手でストレートなプロレスに変化をした結果、当時のアメリカインディーでは敵無しと言われるほど凶暴な王者へと変貌したのであった。
その勢いのままに、日本のリングでも活躍。
もちろん同じヘビー級にもそんな巨体の奴はおらず、もはや誰が森嶋を止めれるのかと言われるほどの状況を作り上げた。
しかし、森嶋は引退した。
病気という話も、団体とのいざこざとも言われた。
突然、リングで号泣し、誰もが何が起きていたのか分からぬままに消えた。
真相は、精神的に病んでいた、ということが、復帰に際し、本人の口から語られた。
本当は心の優しい男である。
強くなければいけないという気持ちが、自分を追い込んでしまったのかもしれない。
プロレスから引退した後、様々な仕事をしながら、アマチュアのプロレス団体を指導しているうちに、復帰を考えるようになったという。
怪物が帰ってくる。
三年ぶりのリングでは、あの頃の強さは見れないかもしれない。
だけど、三沢さんもいなくなり、秋山も去ったあのリングに、森嶋が帰ってきたら、またノアを見たいと思うファンは絶対にいるはずだ。
今の日本のリングなら森嶋の巨体とぶつかるべき、選手も大勢いる。
今まさに、森嶋がリングで躍動する姿を見たい。
プロレスがしたくて仕方ないその姿が見たいと思ったのだ。

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!