国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2019年11月10日日曜日

寝技だけで世界を沸かせる!桜庭和志考案のQUINTETに迫る

0 件のコメント :

皆さん、寝技は好きですか?
いや、そういう意味ではなくてですね、あの桜庭和志が考案した新たなQUINTETという興行が非情に賑わっています。
皆 さんがよく知るPRIDEとか総合格闘技というのは、打撃の技術、相手を倒す技術、相手を極める寝技の技術という大まかに3つのテクニックが求められま す。しかし、ルール上の問題として、積極的な攻撃を行わずに堪え切る事で勝利を取りに行くことも出来る側面がありました。
また、打撃の技術に比べ、最近、寝技の技術というのがルール面から見てもおろそかにされ、寝技の面白さを伝えれてないのではないかという声が世界的にもありました。
桜 庭はそれを危惧し、打撃なし、寝技のみの駆け引きで、世界トップクラスの勝負を見せれないかと考え始めたわけです。積極的に関節を極めに行くために指導 →3回で失格になったり、先鋒から大将までの勝ち抜き戦で、チーム戦にするなど、今までの格闘技になかった様々な要素をミックスしていきました。
寝技といえば、柔道もありますし、ブラジリアン柔術もありますし、レスリング、総合格闘技系のグラウンドテクニックもあります。それらは常に互いに影響を与えながら進化しているわけです。
桜庭でいえば、元々はレスリングの出身で、総合格闘技の道に進み、ブラジリアン柔術と相対して行くことでその名を馳せました。相手の知らない技、相手の知らない入り方、常に一瞬一瞬を試されます。


KOされるよりも鮮やかに関節技というのは極まってしまう瞬間があります。耐える事は出来ません。それを極めるまでにどれだけの練習をして、どれだけスムーズにその技を出せるようにしてきたかを考えると、頭がクラクラしてきます。

0 件のコメント :

コメントを投稿