Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:2022年末に独自ストリーミングサービスをローンチ?ワーナー所有のサービスでの提供は敷居が高い模様


 

AdFreeShowsのAsk Tony Live!に出演したAEWコメンテーターであるトニー・シヴァーニは、WWEが2014年に開始したような独自のストリーミングサービスを開始する可能性について、確かな事は何も知らないとしながらも、この問題について自分の意見を述べました。

「そうですね、ストリーミングサービスを見る事になると思います。私の考えで、確かな事は何も知りませんが、人々と話していると、2022年の終わりまでには始まると思われます。なので、非常に近いうちに登場するでしょう。私が知っているワーナー・メディアの中には、AEWとは何も関係ない、今でも知っている人達がいて、彼等に聞いたのは「自分達はHBO Max(ワーナメディアが提供する定額制配信サービス、TBSやカートゥーンネットワークや様々な映画などを提供、広告付き9.99ドルなどの定額プランもある。日本国内ではU-NEXTが提携してコンテンツ配信を行っている)
に出るのか?」ということです。彼等の回答は「いや、もっとお金を出してくれないと難しい」との回答でした。なので、最終的には自分達のストリーミングサービスを手に入れる事になると思います。ただ聞いた話の空白を全て埋めようとしているだけです。今のところ、トニー(・カーン)の関心事にはなっていませんが、オフィスには彼の為に努力している人達がいるはずです。」

今月初め、トニー・カーンはワーナーメディアとストリーミング提携の可能性について明らかにし、ファンの為の解決策を考えたいと語っていました。また、カーンはAEW Rampageの構成についてWWE Backstageのような形式を断ったのは、ネットワークテレビで厳密にプロレスを続けたかったからだと述べています。

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!