Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:ジュニオール・ドス・サントスとホルヘ・マスヴィダルが明かすAEWデビューの感想「プロレスでは悪い面も出すのが好きで、それがある種の心地よさをもたらしてくれます。」


 ジュニオール・ドス・サントスのプロレスキャリアは1勝0敗で、AEWランパイジではイーサン・ペイジ、スコーピオ・スカイと組んで、インナーサークルを破りました。JDSは元UFCヘビー級チャンピオンで、ここ数ヶ月アメリカン・トップ・チーム vs AEWの抗争の一環としてテレビに出演しています。MMA Hourのアリエル・ヘルワニのインタビューで、成功したデビュー戦を振り返りました。

「素晴らしい経験だったし、とても幸せだよ。ダンはあの世界に導いてくれた人です。彼はあの世界の物事を少し身近に感じさせてくれました。知っていたけど、実際に追いかけてはいなかった。ライブに足を運ぶようになってすぐに『うわ、こいつら本気でやるんだ。このままじゃ大変なことになるぞ』って思っていたら、彼等はそのための準備をしっかりしていたんだ。俺は「これはやらなきゃいけない」と感じました。ダンに伝えたところ、幸運にもデビューの素晴らしいチャンスを得る事が出来ました。」

JDSは、MMAの中でも最も親切で紳士な男として知られており、いつも笑顔を絶やしません。彼はレスリングでトーンを変えねばならず、通常はオクタゴンにいるときにしか出てこない一面を解き放ったのです。

「そうではありません。自分のキャリアや人生において、多くのことを学んできました。私はいつもいい人で、誰にでも親切にしてきましたが、世の中には私に親切にしてもらう資格のない人もいるのです。彼等はチャンスがあればあなたに背を向けるでしょう。つまり、私は親切にするのが好きですが、誰とでも親切にするかについては、もっと慎重にならなければなりません。」

「プロレスでは悪い面も出すのが好きで、それがある種の心地よさをもたらしてくれます。私はこのデビューにとても期待していました。長い間、私はMMAの世界を感じ取る事が出来ませんでした。それは、私に多くのプレッシャーを与え、人々が常に何かを要求し、あなたのことを気にかけないからです。今、ここにいることを評価されています。これはキャリアの初めやチャンピオンになった時に感じたもので、再びそれを感じることが出来て嬉しいです。」

JDSは、この試合でヘイガーに裏投げでテーブルに叩き付けられました。

「かなりハードでしたね。いい経験になった。ジェイク・ヘイガーは素晴らしい人物で、素晴らしいレスラーでありファイターであり、非常によく準備されている。我々はやるべきことやった。彼を投げつける番が来るのを楽しみにしているよ。」

土曜日のDynamiteではアメリカン・トップ・チームとメン・オブ・ザ・イヤーの2人に対し、インナーサークルは10人タッグを申し込みました。ダンはこの試合を10月23日のDynamiteで行うと発表しています。

ホルヘ・マスヴィダルも同じくインタビューでインタビューに答えています。彼はUFC244でネイト・ディアスを破った事で「世界で最も悪いマザーファッカー」として知られており、ベン・アスクレン戦で見せた衝撃の膝蹴りによるKOのおかげで、世界で最も危険なファイターの1人として認知されています。そのスタイルをAEWに持ち込み、クリス・ジェリコに対し、一度のみならず二度もトレードマークの飛び膝を叩き込んでいます。

「AEW側には野蛮人が沢山いるんだ。俺はあいつらを飼いならす為にここにいる。あとはお前の仕事。誰が、いつどこで、何をしているか知らない、俺は雇われの身だ」

「最高だよ、楽しんでる。ダンはアメリカン・トップ・チームをとても愛していて、世界中の何物にも変えられないし、いくらお金があっても足りない。それに匹敵するものはプロレスだけ。ダンはプロレスが大好きなんだ。だから、このチャンスが来て、総帥のダン・ランバートの隣にいられることになった時、「そうだ、行こう。人を殴ろう」と思ったんだ」

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!