WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:ジュニオール・ドス・サントスとホルヘ・マスヴィダルが明かすAEWデビューの感想「プロレスでは悪い面も出すのが好きで、それがある種の心地よさをもたらしてくれます。」


 ジュニオール・ドス・サントスのプロレスキャリアは1勝0敗で、AEWランパイジではイーサン・ペイジ、スコーピオ・スカイと組んで、インナーサークルを破りました。JDSは元UFCヘビー級チャンピオンで、ここ数ヶ月アメリカン・トップ・チーム vs AEWの抗争の一環としてテレビに出演しています。MMA Hourのアリエル・ヘルワニのインタビューで、成功したデビュー戦を振り返りました。

「素晴らしい経験だったし、とても幸せだよ。ダンはあの世界に導いてくれた人です。彼はあの世界の物事を少し身近に感じさせてくれました。知っていたけど、実際に追いかけてはいなかった。ライブに足を運ぶようになってすぐに『うわ、こいつら本気でやるんだ。このままじゃ大変なことになるぞ』って思っていたら、彼等はそのための準備をしっかりしていたんだ。俺は「これはやらなきゃいけない」と感じました。ダンに伝えたところ、幸運にもデビューの素晴らしいチャンスを得る事が出来ました。」

JDSは、MMAの中でも最も親切で紳士な男として知られており、いつも笑顔を絶やしません。彼はレスリングでトーンを変えねばならず、通常はオクタゴンにいるときにしか出てこない一面を解き放ったのです。

「そうではありません。自分のキャリアや人生において、多くのことを学んできました。私はいつもいい人で、誰にでも親切にしてきましたが、世の中には私に親切にしてもらう資格のない人もいるのです。彼等はチャンスがあればあなたに背を向けるでしょう。つまり、私は親切にするのが好きですが、誰とでも親切にするかについては、もっと慎重にならなければなりません。」

「プロレスでは悪い面も出すのが好きで、それがある種の心地よさをもたらしてくれます。私はこのデビューにとても期待していました。長い間、私はMMAの世界を感じ取る事が出来ませんでした。それは、私に多くのプレッシャーを与え、人々が常に何かを要求し、あなたのことを気にかけないからです。今、ここにいることを評価されています。これはキャリアの初めやチャンピオンになった時に感じたもので、再びそれを感じることが出来て嬉しいです。」

JDSは、この試合でヘイガーに裏投げでテーブルに叩き付けられました。

「かなりハードでしたね。いい経験になった。ジェイク・ヘイガーは素晴らしい人物で、素晴らしいレスラーでありファイターであり、非常によく準備されている。我々はやるべきことやった。彼を投げつける番が来るのを楽しみにしているよ。」

土曜日のDynamiteではアメリカン・トップ・チームとメン・オブ・ザ・イヤーの2人に対し、インナーサークルは10人タッグを申し込みました。ダンはこの試合を10月23日のDynamiteで行うと発表しています。

ホルヘ・マスヴィダルも同じくインタビューでインタビューに答えています。彼はUFC244でネイト・ディアスを破った事で「世界で最も悪いマザーファッカー」として知られており、ベン・アスクレン戦で見せた衝撃の膝蹴りによるKOのおかげで、世界で最も危険なファイターの1人として認知されています。そのスタイルをAEWに持ち込み、クリス・ジェリコに対し、一度のみならず二度もトレードマークの飛び膝を叩き込んでいます。

「AEW側には野蛮人が沢山いるんだ。俺はあいつらを飼いならす為にここにいる。あとはお前の仕事。誰が、いつどこで、何をしているか知らない、俺は雇われの身だ」

「最高だよ、楽しんでる。ダンはアメリカン・トップ・チームをとても愛していて、世界中の何物にも変えられないし、いくらお金があっても足りない。それに匹敵するものはプロレスだけ。ダンはプロレスが大好きなんだ。だから、このチャンスが来て、総帥のダン・ランバートの隣にいられることになった時、「そうだ、行こう。人を殴ろう」と思ったんだ」

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明