国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年10月8日金曜日

WWE:ババレイ、JBL、ジェラルド・ブリスコ座談会、ヒール論から面白話まで「今、俺が注目しているのは、AEWのMJFです。彼は素晴らしい仕事をしていると思う。」

0 件のコメント :


 現在、「Busted Open」の共同司会者であり、レスリング界のレジェンドであるブリー・レイ (ババレイ・ダッドリー)が同じくレスリング界のアイコンであるジェラルド・ブリスコとJBLと共に「Stories with Brisco and Bradshaw」に登場しました。

タッグレスリングやプロデューサー、ロードエージェントとしての仕事、バックステージでの面白い話など様々なトピックについて語っています。タッグレスラーがチームを離れてシングルで成功を収める事についても語られました。3人とも、ヘビー急タイトルだけでなく、数多くのタッグタイトルを獲得しているので、そのことはよく知っているようです。

ブリーは、JBLがタッグレスリングを語る上でリストに上がる著名なレスラーの中で、時々混乱を招くと指摘し、ショーン・マイケルズの名前が最もよく出てくる事を指摘しながらも、JBLは評価に値すると述べました。

「(JBLは)信じられない事をしたんだ!あなたと(ロン・シモンズ)は自らの代名詞とも言えるAPAのことを人々に忘れさせたんだ。俺はダッドリーファミリーのことを忘れさせたことがない。JBLが出来た事は次のレベルのことだと思う。それはあなたがヒートを受け入れたことに起因している。そして、ビンスがその姿を見て、動いたんだ。」

JBL笑いながら、テッド・デビアスが、ビンスが自分のミリオンダラーマンのキャラクターを書くのが好きだと、同じ事を言っていたと言います。JBLはビンスが何をしているかを知っていて、それを歓迎していたと明かしました。

「俺は、ビンスが何をしているか知っていて、それを歓迎していた。「もしヒールになれて、年間300夜も(仕事が)できるなら、これが俺のやることだ」ってね」

ブリーはJBLが成功したのは、ふぁんからのヒートや反応を受け入れるだけの賢さがあったからだと指摘します。現在の多くのれすらーはヒートを恐れてヒートを受け入れようとしないが、とある例外を除いてはそうではないと語ります。

「今、俺が注目しているのは、AEWのMJFです。彼は素晴らしい仕事をしていると思う。」

JBLは加えるように、多くのレスラーがソーシャルメディアでヒールになることに興味が無いと言っています。彼等はイベントで伝統的な観客動員をしたいと思っていますが、それをデジタルメディアに移行することができません。レスラーはファンが公共の場で自分の嫌がらせをする事に興味がないと言います。

「彼等はテレビでヒールを演じたいし、ヒールであることについて話したいのです。彼等は空港を歩いていて、名前を呼ばれる事を望んでいません。空港で名前を呼ばれたり、電話がかかってきて「お前は本当にクソみたいなケツ穴野郎だ」と言われたりしたくないのです。」

ブリスコが2人の意見に加え,同意しました。そして、ヒールであることで生じる熱気やネガティブな反応を受け入れようとしないのであれば、平凡なヒールにしかなれないだろうと言います。

「もし、あなたがヒールになりたくなくて、ヒールであるという態度を受け入れないのであれば、成功するヒールにはなれないでしょう。あなたはカードの真ん中に存在するだけの中途半端な男の1人になってしまうのです。」

インタビューの後半でJBLはこの3人が長期間にわたって、活動した最初の人種混合タッグチームの一つである事を指摘しました。JBLはロン・シモンズと、ブリーはD-Vonダッドリーと、ブリスコはロッキー・ジョンソン、サンダーボルト・パターソンとタッグを組んでタイトルを獲得しています。

70年代から90年代の初めまで、一つの人種で構成されたステレオタイプのタッグチームが一般的でした。JBLは歴史的な意味合いがあるにもかかわらず、どのチームもそれを大々的にアピールしなかったと指摘しました。ブリーも同意見で、どのタッグチームも彼等の人種が重用しされることはなかったと語っています。

「ロンはパートナーであり、D-Vonは俺のパートナーだった。それが全て。大金を稼ぎ、自分の仕事でベストを尽くし、それを楽しんでる。」

JBLはWWEが自分達のタッグAPAを最初の人種混合チームとして特集を組もうとしたが、ロンが参加を拒否したことを思い出しました。

「ロンはそれを許しませんでした。これは人種の話ではなく、2人の友人の話だ。「何もないからこそ、何も作られてない事の方が例えとしてはずっと重要だ」と言っていたんだ。」

また、3人のレジェンドはそれぞれバックステージでの面白いエピソードを明かしました。ブリーはAPA、ダッドリーボーイズ、エッジ&クリスチャンのイリミネーショントリプルスレットタッグマッチが行われた時の話を明かしました。

「マイケル・ヘイズがハウスショーのエージェントを務めていたけど、それは奇妙なことだった。俺達はマイケルと一緒にツアーに出た事があまりなかった。いつもはジャック・ランザが担当していたんだ。3ウェイでまずAPAを排除しなければならなくて、ダッドリーズがAPAを排除する流れの中で、マイケルが「おい、ロン。ダッドリーズがフロアで3Dをやってくれるのはどうだ?」って聞いたんだ。そしたらロンが「F*ck you,Michael」ってさ」

3人は大笑いし、JBLがその話を続けます。

「あぁ、そうだ。そうしたら、マイケルが「よし、ジョンでやるか」って言い出したんだ」

Wrestling Inc

 

0 件のコメント :

コメントを投稿