AEW:PPV「All In」は興行収益1000万ドル以上を突破!さらに10月1日に故アントニオ猪木を称える新たなPPV「WrestleDream」開催発表、新日のレスラーも多数参加の模様!!

イメージ
  AEW All Inは史上最大のプロレスイベントと宣伝され、同イベントはプロレスとAEWの主要記録を塗り替えました。AEWの発表によると、AEW All Inはヨーロッパで行われたプロレスイベントとしては史上最大の観客動員数を記録し、AEW史上最高の収益を上げたイベントであり、史上最大のプロレスゲートのひとつとなり、1000万ドル以上の収益を上げた。 AEWから: 「AEW:オール・イン・ロンドン」複数のレコードを打ち砕く --Global Pay-Per-View EventがAEW史上最高の収益イベントとなり、ヨーロッパで開催されたプロレスイベントとしては過去最大のものとなる-- 2023年8月27日-オール・エリート・レスリング (AEW) は今夜、「AEW:オール・イン・ロンドン」がプロレス業界全体で複数の記録を塗り替えたと発表した。チケットは完売し世界中に放送され、70カ国以上から81,035人のファンがロンドンのウェンブリー・スタジアムに集結し、ヨーロッパのプロレスイベント史上最大の観客動員数を記録した。 さらに、「AEW:オール・イン・ロンドン」はAEW史上最高の興行収入を記録し、史上最大級のプロレスゲートとなり、1000万ドル以上を稼ぎ出した。 AEWのCEO兼GM兼クリエイティブ部門の責任者であるトニー・カーンは、「「AEW:オール・イン・ロンドン」は記念碑的な業績となり、AEWがここに留まるだけでなく、世界中に強大な力を持っていることを世界に示した。」とし、 「この成功は、素晴らしいメンバーと優秀なスタッフ、そして私と同じくらいAEWブランドを熱烈に信じているWBDの同僚たち、そしてウェンブリー・スタジアムやライブ・ネーションUK、ITVの素晴らしいパートナーたちが、この夢を実現するためにたゆまぬ努力をしてくれていなければ不可能でした。」 「最も重要なことは、AEWの信じられないほど忠実なファンたちに感謝することである。彼らの多くは、イベントに参加するために世界中からロンドンを訪れ、最初から私たちと一緒にいてくれた。この待望の瞬間を皆さんと共に祝い、再び歴史に名を刻む2024年のウェンブリー・スタジアムへの帰還を楽しみにしています。」。 今夜のイベントで発表されたように、「AEW:オール・イン・ロンドン」は2024年8月25日の日曜日にウェン

AEW:クリス・ジェリコが自らのスタイルを語る「これはデビッド・ボウイの影響を受けてる。常にデビッド・ボウイであることには変わりがない。」


 クリス・ジェリコは最近放送された「REINVENTED」に出演し、様々な業界での活躍について語りました。ジェリコは30年以上もレスリング業界に身を置いていますが、その間、常に自分を改革し続けてきた事を語っています。

「もちろん技もそうだけど、それ以上に見た目が重要だ。数年前、あるTシャツが発売されたんだ。そのTシャツには"The Face of Jericho"と書かれていて、文字通り12〜15の時代があったんだ。俺はいつも、ハロウィンで仮装するようなパフォーマーが好きなんだ。すぐに、あぁ、これはポール・スタンレーだ、とかハンニバル・レクターだって分かるようなスターのね。ハロウィーンの次期になると、ファンがジェリコのコスチュームの写真を送ってくるが、それは全て異なる時代のものなんだ。」

「これはデビッド・ボウイの影響を受けてる。ボウイはアルバムごとにいつも異なっていて、ジギー・スターダストからアラジン・セイントまで様々なキャラクターがいて、異なる領域を見る事が出来るんだ。だけど、それは常にデビッド・ボウイであることには変わりがない。ジェリコでも同じ事をしたかったんだ。何かを変えなければ、人々は簡単に飽きてしまったり、自分のやっていることに挑戦しなくなってしまうんだ。」

「俺はそうはなりたくなかった。常に自分の見た目を変えたいと思っていた。3年前にやったことを懐かしむようなことはしたくないんだ。人々が「ジェリコのリストに入れてくれ!」と言うけど、それも面白いアイデアだったが既に1000年も昔のものみたいなものなんだ。絶対にやりたくない。あれは素晴らしい瞬間があったからで、もしそれを復活させたとしても、今となっては死んだ馬に鞭を打つようなものだ。その代わりになるものは他にもいくらでもある。それが俺の考え方なんd。」

ジェリコはAEW世界王座から退いていますが、トッププログラムには登場しています。長年に渡って肉体的な長寿を誇っている理由について、次のように語っています。

「自分のペースでやっているだけだと思う。ここ5、6年は年に数回しか試合をしていません。AEWでは年間17試合をこなさなければならず、少しずつスタイルを変えていきました。これはレスラーとして賢くなったということであり、50歳になってもサイコロジーやストーリーテーリングの能力を使っているということでもあるんだ。俺が50だなんて信じらんない、ほんと」

「俺はスーパーハイフライもスーパーファストもしたことがない。多くの事が得意だったけど、特定のことはそうじゃなかった。だから、今の俺のスタイルは15年前とほとんど同じだと思うよ。ただよりスマートになってる。レスリングとは観客とのつながりであり、ストーリーを語る事だから、それをより有利に使えるようになった。それがプロレスなんだよ。俺が出来る事は経験を活かす事。なぜなら、経験は数える事が出来ないから。持っているか持っていないか、それがプロレスの本当の美しさであり、アングルやストーリーなどのスタイルなんだ。だからこそ、俺は今でも高いレベルのパフォーマンスをする事が出来るんだって思ってるね」

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:FTRの偉大なタッグチームへの敬意、新テーマ曲はミッドナイト・エクスプレスへのトリビュート。

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明