WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

MLW:CEOコート・バウアーが語るフリーエージェントの契約、他社との駆け引きについて


 MLW関係者は元WWEユニバーサル・チャンピオンのブラウン・ストローマンことアダム・シャーと交渉しましたが、契約には至りませんでした。

MLW創設者、CEOのコート・バウアーは木曜日にVice Tvで放送されるファイトランド・スペシャルのプロモーションの為にメディアコールを行いました。Wrestling Incのニック・ハウズマンがストローマンやブレイ・ワイアット(ウィンダム・ロトンド)と話をしたかどうか、彼等がフリーエージェントであることについてどう思うかを尋ねました。

バウアーは4月15日にWWEからリリースされたボー・ダラス(テイラー・ロトンド)と話をしたことを明かしました。しかし、ダラスが現在農業に専念しているとしました。彼はリブ・モーガンと一緒に農場を所有しています。

「私達はブレイの弟と会話をしましたが、彼は農業に興味を持っているようです。そのことで彼を非難するつもりはありません。また、ブラウン・ストローマンとは少しだけ話をしましたが、契約の合意には至りませんでした。彼等がどこに行くのか、行かないのか、私には分かりません。」

バウアーは続けて、MLWは常にロスターを増やしたいと考えている事、他のプロモーションに見捨てられたことを証明する為に会社にやってくるレスラーや他のプロモーションに壊されてやってきてうまくいかないレスラーがいることを話しました。

「私達は常に才能のある選手を探し、評価し、プロダクトの観点からファンに合うかどうかを確認しています。噛み合うかどうかです。私達が気付いたのは、大スターや知名度の高い人達が入ってきて、ファンに受け入れられる事魔折れば、「あぁ、彼等が話題になっているのは知っているし、大企業から来ているのも知っているが、これは彼等の仕事ではない」と思う人もいるということです。これは本当に微妙な事なんです。あなたはシェフのようなもので、ある食材は上手くいくし、ある食材はうまくいかないし、シナリオは全て異なります。」

「時には2〜3ヶ月間の契約を結んで、握手程度の契約をして、最後には彼等が他の会社に行ってしまう事もありますが、私達が彼等の交渉力を高める手助けをして、他の場所で何かをするのは構いません。時には契約書を提示して、サインをすることもあります。このように色々な事を試してみる為に柔軟性があるのは素晴らしい事です。時には他社に寝返った事を世間に知らしめようとやる気満々でやってくることもあれば、他社に破れかぶれでやってくることもあり、頭の中が整理できていないためにうまくいかないこともあります。だから、これは我々に水を試すための時間を与えてくれてるんだ」

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について