Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:来週DynamiteでTNT王座戦が決定したボビー・フィッシュ「このタイトルと口ひげの相性は抜群」


 元WWE NXTスターのボビー・フィッシュは木曜日にBusted Open Radioに出演し、来週水曜日のAEW Dynamiteでの挑戦が決まったサミー・ゲバラとのTNT選手権について話しました。昨夜のDynamiteでミロからタイトルを奪った後のゲバラにツイートしたことでこの試合が決まりました(ゲバラ曰くバックステージで会った模様)

「俺h相絵で他の人達と同じようにAEWを見ている。そして、このタイトル移動を目の当たりにして『よし、幸運は大胆な者に味方する』と思ったんだ。『このタイトルとこの口ひげがあれば、すごく素敵に見えるだろうな。ここで何もせずに座っているのもいいし、リングに上がって何が起こるか見てもいいだろう』と思ったんだ。だから、そうしたのさ」

タイトルを獲得する事で人生が変わる事を意識していたかを聞かれるとこう答えました。

「それも全て計画のうちだ。タイトルと口ひげの相性は抜群で、彼からタイトルを奪うには、自ら奪いに行くしかない。それが私達のやり方だからだ。」

フィッシュとゲバラは来週のAEW Dynamiteで激突、ゲバラにとってはTNT王座戦の初防衛戦となります。この番組でフィッシュはUndisputed Eraの同胞だったアダム・コールとロッカールームを共にすることとなります。

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!