Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:アダム・コール、ボビー・フィッシュのAEW参戦、Undisputed Eraの再来について語る「もちろんプロレスには"never say never"絶対にないとは言えません。」


 先日、AEWのアダム・コールがComicbook.comの取材に応じ、新たに加わったボビー・フィッシュを含む、増え続けるロスターについて語りました。熟練したプロレスファンなら知っての通り、フィッシュとコールはかつてUndisputed Eraのメンバーとして、インディ・レスリング・シーンやWWE NXTで活躍していました。

コールは、フィッシュがDynamiteでサミー・ゲバラとの試合を控えていた時に、2人が再会し、実際に会話したことを明かしました。

「会話したよ、俺はボビーが大好きなんだ。多くの人が知っているように、俺、ボビー・フィッシュ、カイル・オライリー、ロデリック・ストロングは、この4年間、ぴったりとくっついて離れないような関係だった。だからボビーがAEWに参加する事は本当にエキサイティングなことなんだ。彼は偉大な友人で、10年以上の付き合いになるが、本当に、本当に才能があるんだ。先週のTNT王座決定戦でサミー・ゲバラと対戦して、その実力を見せつけてくれた。これからも彼の活躍を期待してるよ。1日の終わりには、とてもとても忙しい日々が待っています。俺とボビーは数分再会し、会話できたんだ。直接会えてとても嬉しかった。」

しかし、この派閥が再び力を合わせて、UEのバージョンを再現する事はあるのでしょうか?アダム・コールは自分の将来は何でもありだと言っていますが、それ以上に友人達の自分の将来のために最善の決断をしてほしいと思っていると明かします。

「もちろんプロレスには"never say never"絶対にないとは言えません。最近、ケビン・オーエンズについて聞かれました。個人的には、カイル・オライリーやロデリック・ストロングに関して、もちろん彼等と同じ会社で働くというアイデアは大好きです。彼等の事は大好きです。4年間、兄弟のように毎日話をしていたのも、本当に事実です。今も変わりません。今も毎日のように話しています。彼等とはとても仲がいい。」

「しかし、結局、彼等には自分にとってベストなことをしてほしいと思ってる。彼等がAEWに現れても、NXTに留まっても、RAWやスマックダウンに行っても、日本に行っても、俺はいつも友達を大切にしているので彼等にとってベストなことをしてほしいと思っています。そう、まぁ、見てて」

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!