WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:トニー・カーン、小言を言う元WCW社長エリック・ビショフに対し痛烈な反論「これはある意味、ガラスの家の究極の例だと思います。」


 AEW社長であるトニー・カーンはBusted Open Radioに参加しました。先週金曜日、AEW ラmぱげがWWEスマックダウンに19-49歳のキーデモで勝利したことを受けて、エリック・ビショフが発言した内容に反応しました。

「私はエリックが本当に好きなので、彼のコメントにちょっと驚きました。何故なら、それがエリック・ビショフのコメントだからです。彼は「プロレス会社の社長は黙っているべきだ」なんて発言することを誰もが予想しない人物だと思うんです。真っ向勝負となると、先週は一回だけでした。たった30分だけ、頼んだ訳でもない。私達の時間帯に、誰かが強引に入ってきたのです。そのような攻撃的な動きは初めてではありません。私達はいつもうまく対応していて、とても成功しています。金曜日にあのように真っ向勝負したのは初めてでしたけどね。」

「彼等がやってきたことはかなりアグレッシブだと感じましたし、彼等が持っていた最大のスターを揃えた。私は選択を迫られました。今のカードを変更?CMパンクはプロレス界で最も有名な選手の1人ですが、マット・サイダルと戦います。マットは優れたハイフライヤーであり、優れたテクニカル・レスラーであり、非常に尊敬されていますが、プロレス界で最も大きな興行収入を誇る選手ではありません。ですが、ファンにとっては最高の試合です。私はそれを「頭を互いに突き合わせて威嚇するようなクレイジなー興行マッチ」に変更するか、と考えなければいけませんでした。しかし、しなかったんです。私はレスラーを信じているので、決定していた試合を守りました。例えそれが夢のような試合でなくても、積み上げられた試合でなくても。」

「エリックのコメントが面白かったです。一緒にいる時のエリックは好きですが、これはある意味、ガラスの家の究極の例だと思います。エリックがWCWの社長としてどのように行動したかを知っているからです。」

カーンはさらに、ビショフがWCWをた担当していた時に若手スターを使い捨てた事、逆にカーンがAEWの若手スターをプッシュして幸せにしようとし続けている事を比較し、彼のコメントはマンデーナイト・ウォーでの自分の行動を比較すると、笑い話だと結論づけました。

「エリック・ビショフは天井からバイクに跨がり下ろされたり、ビンス・マクマホンに戦いを挑んだりした人物ですが、誰かを静かにさせるべきだとコメントするのは笑止千万です。彼は演技をしていて、それに対して私は尊敬をしています。しかし、真面目な話をすると、彼はかつてレスリング会社の幹部であり、今はコメンテーターです。彼はコメンテーターとして、論争を巻き起こそうとしている。ですが、その話をしているのがエリック・ビショフであることを知らない人はいないと思います。彼は史上最も無遠慮なプロレス幹部であり、多くの熱狂を得た人物です。」「

CMパンク、クリス・ジェリコ、ブライアン・ダニエルソンなどの偉大なスターと何年もの経験を積んだ選手とのバランスを取ると言う点は彼のやってきたことであり、私がやろうとしていることでもあります。ケニー・オメガ、ハングマン・ペイジ、ヤング・バックスのようにAEWで大スターになった選手もいます。また、若いスターたちもたくさんいて、彼等の多くがテレビで活躍する若いスターになっています。MJF、ブリット・ベイカー、サミー・ゲバラ、ジャングルボーイ、その他の多くの選手、ダービー・アリンは特に。これらのスターは、私がAEWに残し、失わずに育てていく事を約束したスターたちです。エリックが「レスリングに集中しろ」と行った時に、私がレスリングに集中し、彼等をプッシュして、会社から彼等が逃げ出してしまわないようにしています。」

「クリス・ジェリコはWCWからすぐに出られませんでした。エディ・ゲレロは自分の場所に引き止められ、レスラーたちはボスから「会社には3人しかいない」と言われました。あなたが、ホーガン、サベージ、バイパーの3人だけがお金を稼いでいるといった時、バックステージにいる他の何人もの選手は平手打ちを食らったようなものです。毎週ケツを叩いてる若いレスラーの士気はどうなりますか?意味がないのです。私は、毎週あのようなことをしないで済むことを嬉しく思い、感謝しています。求められた時、つまり、我々の前に競争相手が現れて、それに応えなければならない時だけです。ファンの皆さんのサポートには本当に感謝していますし、先週末やるべきことはやったので、今更話す事はないでしょう、今は今週末の素晴らしいカードを楽しみにしています。」

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明