WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:トニー・カーンがEVPクリエイティブ権の話題に終止符「2019年末の時点でこの番組は私が思っていた程組織化されていませんでした。」


 先週、AEWのEVP(ケニー・オメガ、ヤングバックス、コーディ・ローデス)がクリエイティブな権限を「完全に奪われ」全てAEW社長のトニー・カーンを経由するようになったという報道がありました。しかし、昨日デイブ・メルツァーがEVPの役割は2019年から変わっていないという報告をしました。カーンがブッキングをよりコントロールするようになっても、EVPたちの力が最近失われた訳ではありません。

カーンはPWInsiderのマイク・ジョンソンと会話し、AEWのクリエイティブに関して、どこがどうなっているのか明確にして欲しいと聞かれました。カーンは最近は変わっていないと繰り返し、ショーがより組織的に行われるようになり、より多くのコントロールを行った事を明かしました。

「今週それらのレポートをよみましたが、インターネットのレスリングライターの一部が書いたかなり不誠実なものだと思いました。なぜならこの数ヶ月で何も変わってないからです。実際には2019年の終わりに私の為に構造が変わりました、私のせいでした。」

「私はCEOとして、ブッカーとして、より責任を持って引き継ぐ必要があると感じました。最終的な決定権を持っていましたが、セグメントについて意見を持つ様々な人が多過ぎたのです、2019年末の時点でこの番組は私が思っていた程組織化されていませんでした。」

「だから、この2年間が経った今、もっと整理されていて、私は全てのショーを手書きしていて、どのセグメントがどこにあるのかを把握する事が出来、ショーは格段に良くなったと思います。ファンもより楽しんでくれています。しかし、最近のニュースで誰かがそのように報じているのを見ましたが、それは1年半以上前に話しあったことです。今週のThe Obserberに掲載されたデイブ・メルツァーの記事では何も変わっていないということが書かれていました。」

カーンは続けて、実は2020年の信念の抱負として「番組をまとめ、放送する事に賛成できない内容は避けることにした」のだと明かしました。

「これは全て2020年の初めに施工されたものです。新年の抱負として「整理整頓を徹底する」と言っていましたし、「気分が乗らないものはやらない」と自分に言い聞かせていました。より多くの作品を自分で作り、試合やストーリーをレイアウトして、すべてを素敵なパッケージにまとめるつもりでした。」

「最大の違いは、5人の人間が部屋に入ってフォーマットを組むのではなく、私が部屋に入ってフォーマットを組む事だと思います。また、QT(マーシャル)をクリエイティブチームの一員のように呼ぶ人がいますが、面白いですね。彼は事実上、私のアシスタントであり、素晴らしい人物です。一生懸命働いてくれます。必要な時にはいつでも私の部屋に来てくれますし、夜中の1時に彼を呼び出して、番組の再編成やカードの変更をしたり、「Elevation」や「Dark」のための準備をしたり、必要な事は何でもしてくれます。彼はいつでも私のそばにいてくれますが、私はこういうことにとても積極的で前々からそうでした。なので、それらの報道はとても不誠実だと思ったのです。」

CMパンク、ブライアン・ダニエルソン、アダム・コールなどのスター選手が加入したことで、カーンは彼等の加入がAEWというプロダクトに変化をもたらしたと考えています。カーンは過去2年の間に仕事がうまくなったことで、より質の高いショーを開催できるようになったとも語っています。

「私は長い間、その立場に増した。私の意見では、最近のショーは強くなってきていると思います。それには幾つかの理由があるでしょう。多くのレスラーがやってきて、彼等の経験や素晴らしいアイデアなど多くの素晴らしいものをもたらし、それを統合しようとしています。私自身、この2年間でこの仕事をする上で、より良く、より組織的になったと思いますし、この2年間で多くの事を学びました。」


Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明