ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:プロレスデビューのジュニオール・ドス・サントス、CMパンクやAEWロスターを煽ったローマン・レインズに対してブチギレ!!SNSで罵倒を繰り広げる!!

 

元UFCヘビー級チャンピオンのジュニオール・ドス・サントスがWWEユニバーサルチャンピオンのローマン・レインズのAEWロスターに対するコメントについて、ソーシャルメディアで罵倒しました。

「ヘイ、ローマン・レインズ、お前のインタビュー聞いたよ。俺と俺のリトルブラザーをぶん投げるっていうなら連絡してこいよ」

ローマン・レインズはComplexの取材を受ける中で、CMパンクと試合をするというアイデアを直接語りました。

「観客が何を見たがっているのか、それを切望して、黙ってもいられず、全てのスターが揃っていたら、ビジネスマンとしてまた観客のために最高のものを求めて、観客を魅了しようとしているパフォーマとして、俺はノーとは言わない。」

「だが、個人的には何の役にも立たない。あいつはもう年を取っている。俺はまだ完全な試合を見た事もない。1、2本映像で見ただけだ。そして、俺には一歩も二歩も踏み出すことも出来ない。あいつはUFCで大暴れしたこともあったか」

さらに、レインズはパンクの体格ではレインズの体格を脅かす事は出来ないと述べ、自分はAEWのロスター全員を簡単に相手に出来ると続けました。

「誰も、200ポンドの爆発力の無い人間が、俺に何か出来るわけがない。6フィート3インチ、265ポンド、重量を投げられる正統なアスリートで、最高レベルのグリッドアイアンで活躍してきた、それも、D1、全てACCで。もし、22歳の時に健康問題が起こらなければ、NFLで活躍していたかもしれない男だ。いざとなったら、CMパンクや他の選手をブン投げても構わない。あいつらはただのリトルブラザーに過ぎない。」

レスリング界で大きな話題を生むCMパンクに対して煽ったローマン・レインズですが、ペンタゴンの元住人に余計な熱を生んでしまったようです。

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!