国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年10月18日月曜日

新日本:ジュース・ロビンソンが語るどうやって新日本と出会ったのか、"Forbidden Door"について「コーリー・グレイブスがレッスルキングダムの8か9を持ってきて、俺のアパートで見たんだ。」

0 件のコメント :


 ジュース・ロビンソンはFightfulのショーン・ロス・サップのインタビューで、コーリー・グレイブスとレッスルキングダムを見たのがきっかけで新日本に興味を持ち、現在のホームプロモーションである新日本に辿り着くまでの、ほとんど説明出来ないような経緯を説明しました。

「とても複雑なプロセスなんだ。俺の頭の中にある日本のプロレスの概念は、とても俺のものだとは思えなかった。コーリー・グレイブスがレッスルキングダムの8か9を持ってきて、俺のアパートで見たんだ。棚橋、真輔、田口、ヤングバックス、みんな見た。他のプロレス会社と同じように、全てが揃っているんだな、と思ったんだ。あぁ、かっこいいな、ってね。その後、WWEではちょっとネガティブになってきて、辞めようと思ったんだけど、バルドにそうだなと言われて考え始めたんだ。宇宙に願い事をするようになり、実行した。俺はそれを信じてるんだ。」

タイガー服部がレッスルマニアAxxessに出演していて、現在の日本のトップ企業のトップ外国人になるための最後の一押しになったことを明かしました。

「気がついたら、タイガー服部がレッスルマニアAxxessに出演していて、プロレスをしていて、会長と一緒に見ている。次から次へと、後楽園ホールでプロレスをして、タイガーマスク4世にボコボコにされて、道場で寝て、朝からライガーが一緒にいて、洗濯しているのを見て、朝食を作っている。まさにプロレス。ワイルドで野性的な時間。どうやってそこに辿り着いたのか分からない。俺には分からないんだ。自分のキャリアの最初の頃はまさかあそこにいるとは思ってもいなかった。しかし、どうにかしてそこに足を踏み入れた。上手くいったんだ。」

現在、ジュースはIMPACTと新日本を行き来しながら、タッグパートナーのでビッド・フィンレーとともに、開かれた禁断の扉を最大限に活用しています。

このパートナーシップについて、ロビンソンは、両プロモーションの過去の過ちにも関わらず、時間が全ての傷を癒してくれたと述べ、前例のないパンデミックの状況と各社の協力関係が物事を新鮮でエキサイティングなものにしていると語りました。


「プロレスの舞台裏では、それが明らかだったと思う。何となく分かるでしょ。時が全ての傷を癒すのです。IMPACTと新日本の仲を悪くした人達はいなくなった。新しい人達が入ってきて、お互いに友好的です。もちろん俺達は一緒に仕事をするつもりです。特に俺達が異常な状態にある時、つまり、国に閉じ込められていた時にはね。俺達はNJPW STRONGをやっていました。彼等のテレビ番組に出演する機会があったんだ。それは素晴らしいと思うし、今ではSTRONGで彼等を見る事が出来る。いつの間にか、IMPACTの選手が向こうに行ったり、日本人選手がIMPACTに出たり、AEWに行ったりするのを見る事になるでしょう。今は誰でもどこにでも行ける時代なんだ。素晴らしいことです。もちろん自分達もその一部になりたいと思っているよ。」

Fightful

 

0 件のコメント :

コメントを投稿