WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:CMパンクが語る7年ぶりのレスリング、パンデミック禍で感じた光明「俺は自らの絵を描くアーティストだ。俺の絵を描かせてほしい。」

CMパンクは久しぶりにプロレス界に戻ってきた感想や、これからどのようにプロレスをしていくのかを語っています。総合格闘技の経験を経て、40歳を過ぎたパンクがロープに体を打ち付ける感覚を赤裸々に明かしています。

「正直、ゴミみたいな気分。42歳にして、7年以上も受け身を取ってないんだからさ。ただ多くのレスラーが今、このことを感じていると思う。パンデミックで全てが閉鎖され、ハウスショービジネスが実質的に消滅した時、ツアーに出る事も無く、金曜、土曜、日曜、月曜、火曜とバンプすることもない。誰もが「あぁ、俺は以前よりもレスリングの頻度が減っている!」という酷い気持ちになるかもしれない、何となく悪い感じがするんだ」

「だけど、ベターなのは、こっちだ。"マイル"だよ。プロレスが偽物だっていう認識は、人々を現実から遠ざけている。バンプしてる、それにショーの間の移動を5時間かけて運転する事もある。」

彼はパンデミックの大流行から得られる一つの明るい兆しを偶然にも見つけてしまいました。ハウスショーの不足がプロレスビジネスを衰退させた一方で、ベテランのレスリング・ワーカー達を解放したのです。魅力的なスケジュールこそが彼が今戻ってきた「理由の一つ」だと語ります。

「ある街に車を走らせて、朝の4時半にホテルにチェックインしようとしたら、ピエロの大会が開催されていて、すべてのホテルが予約で埋まっていたなんてことはないんだ。パンデミックとリセットにより、レスラーはより良いスケジュールを手に入れる事が出来、より多くの発言力を持つ事が出来た。これはイージーで、あるべき姿なんだ。俺達を家畜のように扱う事はできないし、間違いなく魅力的なんだ。」

パンクは復帰を遅らせている訳ではありません、AEWは彼を控えめに、つまり賢く利用しています。新進気鋭のダービー・アリン、パワーハウス・ホブス、ダニエル・ガルシアと勝負を挑んでいます。CMパンク vs ブライアン・ダニエルソン、あるいはCMパンク vs AEW王者ケニー・オメガはいつ頃から考え始める事が出来るのか聞いてみました。

「俺は自らの絵を描くアーティストだ。俺の絵を描かせてほしい。俺のやってることは、とても計算されたもので,考え抜かれた者なんだ。俺はここに留まる。信じて欲しい。10年後にはみんながAEWのことを話しているだろう。それはただ待っているだけで、乗り物に乗る事を楽しむようなものなんだ。日程や契約も、文字通り全てが流動的なんだ。この仕事は俺がプロレス業界で経験した中で最高のもので、どちらかに問題があれば、皆が話し合うだけ。何のドラマもない、素晴らしい事だよ」

THE WRAP
 

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明