WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

ROH:COOジョー・コフが語る2018年のROHで何が起きたのか「この件に関して、少し慎重過ぎたかもしれません。」



 水曜日、ROHは12月11日に開催予定のFinal Battleの後、4月までライブイベントを行わず、タレントの契約が12月末で切れる場合は更新を行わず、以降の契約がある場合3月31日までの給与を支払う事を発表しました。PW Insiderのマイク・ジョンソンの取材にジョー・コフが応えました。

「勢いと低迷があったのは事実です。しかし、私達は毎年継続的に改善し、素晴らしく献身的なスタッフを築いてきました。2015年と16年には、WWEのような会社に対抗するには何が必要なのか、という問題が出てきました。しかし、タレント面でもストーリー面でも、クリエイティブな面でもWWEに対抗出来ると考え、そのためのステップを踏みました。ここまで信じられない程のサポートをしてくれた会社から、そのようなコミットメントを得る為の大きな一歩を踏み出すには、多くのリソースが必要でした。私達はそれを最大限に活用しましたが、自由な小切手帳ではなく、いつも行っている方法で活動しなければなりませんでした。」

「私はいつも慎重に行動してきましたが、この件に関して、少し慎重過ぎたかもしれません。しかし、独占契約の締結に始まり、生産の改善、社内のスタッフやプロセスの強化などの対策を講じました。その後の成果を見れば、本当に驚くような結果になっています。もし、私達が後々まで見通せていたら、どれだけ素晴らしい事か分かりませんが、おそらく2018年の大きなチャンスを逃していたでしょう。私はトニー・カーンとAEWに全ての賞讃を捧げます。彼等が誰から始めたかはみんなが知っていますし、私は彼等を誇りに思っています。もちろん、全ての仲間を誇りに思っています。私達には、他の団体に行った多くの才能があり、彼等の成功には本当に欠かせないものでした。私はその成功のほんの一部を手に入れ、共有していますが、私達の為ではなく、彼等が起こしたことなのです。」

「彼等が素晴らしい仕事をした事は誰もが認めるところであり、世界中で賞賛されるべきだと思います。また、AEWに移籍したビッグスターを失った事や、過去にもスターを失った事で、異なるクリエイティブ・ラインに方向転換を行いました。このビジネスには、リング・オブ・オナー出身のスターがたくさんいます。リング・オブ・オナーのレガシーを誇りに思い、ここでプロレスが本当に生まれるのだと、こここそがプロレスが本当に生まれる場所なのです。人々が試される砂漠のようなもので、ここで人々は成長し、不屈の精神を持つようになるのです。私はこの会社のそういうところが好きで、私達がしなければならないことなのです。前にもやったことがあるし、これからも続けるのです。」

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明