国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年10月18日月曜日

AEW:リオ・ラッシュ、新日やAEWについて語る「新日本はいずれは辿り着く運命にあると感じていた場所」

0 件のコメント :


 AEWスターのリオ・ラッシュは、Forbesのインタビューで、自身が所属する新日本とAEWについて様々な話題を語っています。新日本については、WWEで活躍する前から、いずれは辿り着く運命にあると感じていた場所だと述べました。

「新日本はとても素晴らしい場所です。視聴者やファン、レスラーからのリスペクトの大きさ、そして歴史。尊敬されているからこそ、誰もがそこにいたいと思うようなオーラが新日本にはありますし、そこにいるレスラーには理由があります。俺はそこにいることがとても嬉しいです。WWEにいる前から新日本に行くことを望んでいましたが、たまたまWWEが先だったんです。WWEからリリースされて、新日本から連絡があった時は、とても興奮しました。これは俺が必要としていたプッシュだ、と思いました。」

「新日本には、リアルなスポーツや競技の側面があり、それは自分の出身地でもあります。俺はアマチュアのレスリング選手として二度、全米大会に出場した事がありますし、サッカー、バスケットボール、野球もやっていました。俺はめちゃめちゃ競争心が強く、ナチュラルな性格があるんです。」

最近、AEWと契約したばかりのリオは「トップ・フライト」のダンテ・マーティンとの新コンビに照準を合わせています。ダンテの兄が活動を休止している間、リオは新星をタッグパートナーとしてバックアップする事を約束しました。

「ダンテとはずっと一緒にやりたいと思っていたんだ。あいつの兄(ダリウス・マーティン)とは、俺がROHに所属しているときに会っていて、あいつはファンとして、会場に来ていたんだ。写真を撮ったりもしたんだ。だから、それが丸く納まって、AEWでダンテと一緒に仕事をしているのはめっちゃクールだね。俺があいつの年齢の時に比べたら、あいつはさらに優れている。若い頃、助けてもらった事もあるけど、誰かにコーチしてもらったり、段階的に教えてもらったり、自分の経験を教えてもらったりしたことがなかった。ダンテはまだキャリアの浅いうちから、そういう存在になれたことを嬉しく思います。体育会系の彼は素晴らしい。自分でも信じられないね。」

しかし、「トップ・フライト」のもう片方、ダリウス・マーティンがAEWに戻ってきたらどうなるのでしょうか。ラッシュはファンが望むのであれば、、兄弟でトリオグループを作る事に前向きです。

「それは間違いなくエキサイティングなアイデアだ。ダリウスが戻ってきて、すっかり回復した時には大きな可能性がある。その間に何が起こるかは誰にも分かりません。でも、もしその希望通りになったら、現在この番組を見てる多くの人達もそうだと思うんだけど、俺達3人が一緒になったら、とてもすばらしいことだと思う。」

ラッシュはまたシングルスターとしてAEWに大きな影響を与えたいと考えており、いつか黒人初のAEW世界チャンピオンとしてAEWを代表する存在になりたいと語っています。彼はAEW全体の発展のために、この表現が重要だと考えています。

「表現する事で人生が変わるんだ。俺のような人間のために青写真を描くことができる人物の良い例があまりなかった。俺がプロレスファンだった頃、背が低くて、黒人で、タトゥーを入れていて、ドレッドヘアで、D.C.の音楽が好きな男はいなかった。つまり、俺が進む道は俺が作ってきたんだ。その結果、多くの人間に門戸が開かれたと思うけど、俺は世界チャンピオンになりたいと思ってる。俺にはそれ以上の能力があると思ってる。」

「俺は準備が出来ている。その一歩を踏み出したい。誰もが「あいつはやってくれた」と注目するような男になりたいんだ。なぜなら俺のキャリアには浮き沈みがあるけど、俺は情熱や夢を諦めてダウンするような人間ではない事を何度も示してきた。これが人生において良い手本になると思う。」

「レスリングはともかく、自分のような人間が人生で自分のように動き、似た人達を刺激するのを見る事は美しい事です。俺はそうありたいと思っている。みんなのためにそうなりたいし、なれると思ってる。俺にはマイクスキルがある、リング上での能力もある、人柄もいい、好感の持てる人間だと思っている。そして、俺は本物だと思う。正直で、何も隠すこともない。それがチャンピオンというものだと思っているし、俺はAEWで最初のアフリカ系アメリカ人の世界チャンピオンになりたいんだ。」

Wrestling Inc

 

0 件のコメント :

コメントを投稿