WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:ミリ知らAEWでも、ジュニオール・ドス・サントスの再始動が分かるお話。


 

 今週のDynamiteで、TNTチャンピオンになったサミー・ゲバラの初防衛直後に、アメリカントップチームのダン・ランバート率いる面々がゲバラを襲撃、クリス・ジェリコ、ジェイク・ヘイガーがゲバラを助ける為にリングに滑り込みました。

ランバートは、ジュニオール・ドス・サントス、ホルヘ・マスヴィルに彼等の味方をするイーサン・ペイジ、スコーピオ・スカイとの試合を提案しました。これにより、3月にUFCをリリースされた元UFCヘビー級王者JDSの活動再開が決定しました。この試合は、マイアミで収録されることが決定しており、10月15日、または16日のいずれかに行われます。

突然の復帰に、話の流れが分からない方のために団体と登場人物を整理しましょう。

【AEWとは】

All Elite Wrestling。オーナーはジャクソンビルジャガーズ、フラムF.C.のオーナーであるシャヒド・カーンを親に持つトニー・カーン。世界で最も巨大なプロレス団体WWEだけがプロレスではないと、新たな世界を切り開く為に集まった。主要メンバーは直前まで新日本プロレスに参戦していた。

旗揚げからまだ2年しか経っていないものの、フラッグシップ番組であるDynamiteは放送日のケーブルテレビ局の視聴率1位を連続で獲得中。来年からはTBSに放送局が格上げされる予定。

今年に入り、WWEが予算縮小で人を減らす一方、CMパンク、ブライアン・ダニエルソン、アダム・コールなど著名なレスラーを次々と獲得。プロレスファンですら叶わないと思っていたカードを次々と展開し、全世界を驚愕させているイケイケ団体。


【インナーサークル】
ベテラン、クリス・ジェリコ率いるチーム。AEW発足当初は悪の枢軸とばかりのヒールユニットだったが、仲違いしたMJFとのユニット抗争により、次第にベビーフェイス寄りに。ジェリコのテーマ曲Judas(ジェリコのバンドFozzyの曲でもある)を観客が合唱するのが一つの見所で、今週もランバートが喋ろうとして音楽を止めたにも関わらず、観客がアカペラで唱い続けたため辟易としていた。

・クリス・ジェリコ
WWE初の統一二冠王者であり大ベテラン。ビンス・マクマホンすら恐れずに気に食わないことがあれば、電話で直接愚痴を言うほど。バンドFozzyとの活動とレスリングを自由に行き来することを許される大物中の大物だが、新進気鋭のAEW旗揚げから参加し、まだまだ若い才能溢れる選手のために身を粉にする一面も。試合の上手さよりも天才的なマイクの才能で全てを乗り越えてきた。日本大好きで、平仮名、カタカナは読める。ふりかけが好き。

・ジェイク・ヘイガー
オクラホマ大学でレスリングのヘビー級とアメリカンフットボールの選手として活躍していたところ、現在AEWの実況を務めるジム・ロスに見出され、レスリングエリートキャラの"The All-American American"という尊大なキャラ付けでデビュー。名が売れた最初の試合が、実はクリス・ジェリコとの自身初の世界ヘビー級王座戴冠となった一戦。2017年、WWEを離脱後、ベラトールMMAと契約し、総合格闘技に進出。なんだかんだで現在、3勝無敗。AEWでMMA風の試合を繰り広げたこともある。

・サミー・ゲバラ
ジェリコだけでなく、プロレス界が認める天才、自身を"Spanish God"と呼ぶ。ランバートに邪魔されたTNT王座は親友フエゴの敵であるミロから奪った王座であり、その初防衛戦を無事に終えた喜びを邪魔された。身体能力、跳躍力、発想全てが異次元に存在している。ありとあらゆるエッセンスをジェリコから吸収した結果、フリップ芸で相手を煽ることを覚えた。最近、リング上で婚約者に結婚を申し込んだことでも有名。

【ATT】
言わずとしれた総合格闘技世界最強チーム………なのだが、オーナーのダン・ランバートはこれまでにも何度かプロレス側と絡んでおり、プロレスファンからすると見知った顔ではある。現役選手以上にトラッシュトークが上手いのは、貿易商として培ったスキルなのだろうか。ジェリコを標的にし続けてきた。


・イーサン・ペイジ
キャリア15年、"All Ego"の異名を持つなんともぶしつけな男。北米インディーを渡り歩いてきたが、最も有名なのはIMPACTでの"The North"としての活動。ジョシュ・アレキサンダーとのタッグで、団体のタッグ戦線を沸かしていた生粋のタッグ屋であり、現在、AEWにいるヤングバックス、FTR、PnPら世界有数のタッグチームに並ぶチームだった。タッグ解散後、AEWへやってきた中、スコーピオ・スカイと組んで、嫌な奴街道をばく進している。

・スコーピオ・スカイ
とても苦労人の職人。身体能力の高さやレスリングの技術はもとより、タッグや6人タッグ(3vs3)のような状況でさりげなくチームを支えるのがとにかく上手い。元々、SoCal Uncensored(SCU)というチームを組んでいたが、スカイが離脱し、ヒールターンをした事でチーム全体がうまく機能しなくなり、解散してしまった。プロレスに慣れていないドス・サントスがいたとしても試合全体のバランスはスカイがいるだけで、十分面白くなるので安心してほしい。



という具合に分かりやすく、ベビー vs ヒールという構図になっており、ランバートは以前にもドス・サントス、ホルヘ・マスヴィダルはプロレスに興味がある旨は明かしていました。これが継続的な参戦になるかは分かりませんが、ドス・サントスのかつての対戦相手だったケイン・ベラスケスも一時はWWEに所属、怪我で離れてはいますがメキシコで再びプロレスに挑戦するという噂があります(しかも、AEWとは提携している団体であり、向こうの1年に1度のビッグマッチにはAEWのレスラーも出場。もしかしたら、メキシコでこの2人のマッチメイクもありえるかもしれない。)

プロレス側からもまさか本当にデビューするとは思ってもみなかった一戦はすぐそこに近付いています。

ESPN

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明