国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年10月12日火曜日

WWE:ベッキー・リンチ、出産とこれからの生活を語る「私はG.O.A.T.(the greatest of all time、史上最高の)ベイビーを作ったのだと思います。」

0 件のコメント :

 

娘の出産による15ヶ月間の休養を経て、サマースラムでWWEに復帰したベッキー・リンチはビアンカ・ベレアを30秒足らずで破り、スマックダウン女子王者になりました。リンチはシャーロット・フレアー、ロンダ・ラウジーを相手にレッスルマニア37のメインイベントを成功させ、女性レスラーが今まで経験したことのない最高のピークでWWEを去りました。

ライアン・サティンが提供する「アウト・オブ・キャラクター」の最新エピソードで”ザ・マン”は妊娠し、ピーク時にWWEを去らなければいけなかったことについて語りました。WWEから多くの時間はなれなければならなかった事から妊娠を楽しめなかったと語りましたが、ファンのいないサンダードーム時代に休みを取れた事に感謝していると話しました。

「彼女は私の人生の光であり、私の身に起こった最高の出来事です。妊娠中は「あぁ、これはいいわ。座っていられるわ」というような女性ではありませんでした。仕事が好きなので、あの期間、リングから離れることは私にとっては苦痛でした。代わりに没頭して本をかきました。5つの章からなり、第一稿を書き終え、後半に向かっています。またドキュメンタリーを撮影しました。私と(セス・ロリンズが)多くの部分を自分達で撮影しました。少なくとも、仕事をしている、何かをしているという気分にはなれましたが、とても恋しかったし、戻りたいと思っていました。」

「観客がいなくなってしまったことは、ちょっとした助けになりました。観客は私達の活動の重要な部分を占めていて、観客がいなくてもパンデミックの中で必死に働いていたみんなには、公正な評価を与えています。しかし、それはシーンのメンバーそのものを失ったようなもので、全ての行動は彼等のために指示され、彼等の抗争が試合やパフォーマンスに影響を与え、彼等がいなければ大きな部分を失ってしまいます。その期間、離れていたのはラッキーだったといえるかもしれませんが、でも赤ちゃんは素晴らしいですよ。誰もが自分の子供が最高だと思っていますが、私はG.O.A.T.(the greatest of all time、史上最高の)ベイビーを作ったのだと思います。彼女は完璧なので、一晩中眠り続けています。」

リンチは最近、今年のレッスルマニアで復帰してベイリーと対戦する計画があったことを明らかにしましたが、それは中止となり、代わりにサマースラムで復帰するように変更されました。夫のセス・ロリンズと一緒にWWEのツアーに参加する際には娘を連れて行く事を明かしました。

「驚くべきですが、皆さんが何かを見過ごすことはありません。普通に飛行機に乗っていたって寝てしまうのに、娘が疲れていなければ起きてるんだから、大変です。月曜のRAWでも、オープニングやって、戻って、娘寝かしつけて、コメンタリーに出るんです。すごくワイルドですが、全てにやりがいを感じ、より充実したものになります。」

Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿