WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

AEW:ダニエル・ガルシア「ザックやブライアンと比較されるけど、技はアーンやタリーのスタイルだし、ムーブは鈴木みのるから全部盗んでる」

 

ダニエル・ガルシアはポッドキャスト「One on One with Jon Alba」に出演し、AEWでのレスリングについて、また世界最高のレスラーになるため次のレベルに進むという意味で、この会社が自分に合っていると確信していることを語りました。

「とてもいい気分だよ。ただ体を動かすだけの場所には行きたくなかったんだ。どこかにいくと決めたら、自分を育ててくれて、世界最高のプロレスラーにしてくれると信じれる場所に行きたかったし、それが今の自分の居場所だと感じているんだ。」

AEWで働いてから、AEW RampageでCMパンクとシングルで対戦するという大きなチャンスを得ました。元WWEチャンピオンはAEWの若きスターについて肯定的に語り、ガルシアもそれを認めました。

「いい気分だよ。俺達はレスラーとして、人からの評価を求めているけど、レスラーとして、仲間からの評価をより高く評価していると感じてる。尊敬している人からの評価はありがたいものなんだ。俺が見て育ったCMパンクみたいな人物は、母が一番好きなレスラーだし、彼からそんな評価を受けるのは本当に有り難い事なんだ。ネットの掲示板で自分の悪口を言われて落ち込む事もあるけど、レスラーとして何百万ドルも稼ぎ、史上最高のレスラーの1人として広く認められている人から自分が評価されているのを聞けば、「自分のやっていることは正しいのかもしれない」と立ち止まって考える事が出来ます。」

試合について、ガルシアはその出来映えに満足しており、リング上でストーリーを語るという自分の好きなタイプのプロレスであることを強調しました。

「楽しかった。闘争心や困難を克服することについて、とても興味深い話をすることが出来たし、多くの人にショックを与えたと思う。多くの人は、プロレスがこれほど競争の激しいものだとは思ってもいなかっただろう。また、多くの人は、俺があんなレベルでパフォーマンスを発揮できうrとも思っていなかっただろうね。」

パンクとの対戦はガルシアにとっても大きな出来事でしたが、多くのファンがガルシアとの対戦を望んでいたのはブライアン・ダニエルソンです。この2人はよく比較されますが、ガルシアはアメリカン・ドラゴンは最も好きなレスラーの1人であることを認めています。

「ブライアンとの対戦はクール。彼は俺が最も好きなレスラーの1人で、少なくともトップ3には入る。彼は、俺が勉強していることに事に気付く前から、何年も研究を続けてきた人間です。彼がやっているちょっとしたニュアンスを感じ取る事が出来るんだ。俺達のレスリングスタイルは、人が言う程似ていないと思うけど、やっているちょっとしたことは、人が気付くよりもずっと似ていると思う。」

ダニエルソンと比較される事が多いですが、彼は実際には自分の方が古いスタイルを持っていて、アーン・アンダーソンやタリー・ブランチャードのようなレスリングをしていると考えています。

「多くの人が俺の事をテクニカルなレスリングだと言ってくれるし、ザック・セイバー・ジュニアやブライアンと比較される事もあります。だけど、純粋にスタイルの観点から見ると、技の面ではアーンやタリーのようなレスリングをしていると思う。ムーブに関してはスズキ(みのる)のムーブを全部盗んでるし」

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について