Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:ダニエル・ガルシアがAEWとの契約になぜ時間をかけたかを明かす「インディーズが私が見つけた時よりも良い状態になるまで」

 

10月19日、AEWはダニエル・ガルシアとの契約を正式に発表しました。

ガルシアは2020年9月15日のAEW Darkでデビューし、ケビン・ブラックウッドと組んで、ザ・ブッチャー・アンド・ザ・ブレイドに敗れました。2021年8月からDynamiteとRampageに出場するようになり、ダービー・アリン、ジョン・モクスリー、CMパンクと注目を集める試合で対戦するなどレギュラーになっていきます。One-On-Oneでジョン・アルバと対談したガルシアは、AEWとの契約にこれほど時間をかけた理由を説明しました。

「いつも自分に賭けてる、自分に賭けなければならないんだ。どこかに行って、行くだけになっても嫌だったし、自分のためのプランがないところには行きたくなかった。もちろん、いくつかの場所でチャンスを得たけど、タイミングが合いませんでした。説明はできませんが、何故なのか分からない。母は私に人生における優れた直感力を与えてくれたと思いますが、多くの場所でタイミングが合わなかったのです。母は私を成長させてくれ、時間をかけて、物事を急がず、プロセスを急がないように助けてくれました。この1年ほど、様々なチャンスが巡ってきましたが、ただ契約が取れたというだけでどこかに行く
のではなく、すぐにトッププレーヤーになりたいし、どこの会社に行くにしてもメジャーなプレーがしたいと思っていました。」

「自分勝手な言い方をするならば、1つには、インディーズが私が見つけた時よりも良い状態になるまで、2つには、自分がサーキット全体で間違いなく最高のレスラーになったと感じるまでは、どこにも行きたくないと思っていました。しばらくの間、インディペンデントは少し気弱に見えていました。そこには多くの才能がない状態でしたが、この2、3ヶ月でブライアン・キース、ミステリアスQ、YOTA、ジャナイ・カイのように非常に才能溢れるタレントたちが現れ、名を上げています。もうインディープロレスは放っておいてもいいんじゃないか。彼等は私を必要としていないんじゃないかと感じ始めました。しばらくの間、私は自分勝手に「人々を教える為に、彼等は私を必要としている」と思っていました。インディペンデントで最高のレスラーと評価されるという目標は達成出来たと思っています。喜んで身を引きました。」

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!