WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:スマックダウンとの直接対決に新展開!Youtubeで1時間のプレショーを発表、カードはブライアン・ダニエルソンvs鈴木みのる!!


 

 AEW社長のトニー・カーンは、今週の金曜日に行われるRampageの前にYoutubeでプレショーBuy Inを午後9時から行う事を発表しました。

今週のスマックダウンは、MLBプレーオフが開催されているため、FOXではなくFS1に放送局が移り、特別版の「Supersized」として2時間半の放送となり、Rampageの最初の30分と直接対決になる事が予告されていましたが、さらに1時間、AEWがこの対決を早めることとなりました。

このプレショーでは元NXTスターであるボビー・フィッシュがリー・モリアーティと、NJPWスター鈴木みのるがブライアン・ダニエルソンとシングルを行うことが発表されています。鈴木とダニエルソンは2004年、新日本で1度だけシングルで戦った事があります。

カーンはWFANのMoose&Maggieショーに出演し、AEWの競争や自分の焦点がどこにあるのかを語っています。

「最も重要なことはAEWが最高のショーを行う事であり、ショーを見れば、我々はこの観客をゼロから作り上げた事が分かります。2年前はAEWはありませんでしたが、今ではTNTで放送されるAEWは多くのファンの目に最高の番組として映っており、この視聴者をどんどん増やしています。前年比で2桁の伸びを記録しています。毎月、前年比で増加しており、現在は1年前に比べて30%増となっていますが、これには理由があります。しかし、ある意味で最悪のタイミングです。この先2週間は水曜が休みになります。」

「この週末は、私達に取って大きな意味を持つものです。しかし、我々はRampageで素晴らしいものを作り、TNTで金曜の夜にRampageを10時から、土曜の夜にDynamiteを8時から放送します。今、私達はこの勢いに乗っています。ケーブルテレビや衛星放送では6週連続で水曜にナンバーワンの番組を放送している。最近の好調な時期に水曜から移動するのはタイミングが悪いですが、今週末は私達にとって大きな意味をもちますし、番組もとても良いものになっています。彼等と競争するためではありません。最高のショーをすることが目的です。」

カーンは過去に、この2年間のAEWは自分の期待を超えていたと語っています。AEWの短期的な目標を明らかにしました。

「DynamiteとRampageの2つのショーが,それぞれの夜にケーブルでナンバーワンのショーになるチャンスを持ち続けたい。Dynamiteは水曜の夜に何度もナンバーワンになっています。今週の土曜は素晴らしい数字を出したいし、水曜日はそのナンバーワンの座を守りたい。Rampageも何度も1位を獲得していますが、金曜の夜はスポーツの競争が激しくなっています。しかし、今週のライブはビッグイベントだとファンに知ってもらいたいのです。この巨大なショーとトップスターで何が起こるかは誰にも分からないんです。」

スマックダウンは、スマックダウン女子王者ベッキー・リンチとサーシャ・バンクスのノンタイトルマッチ、キングオブザリングの準決勝フィン・ベイラーvsサミ・ゼイン、クィーンズ・クラウンの準決勝カーミラvsゼリーナ・ベガなどをラインナップしています。

一方、AEWはRampageでCMパンク vs マット・サイダル、既報の元UFCヘビー級王者JDSのプロレスデビュー戦となるスコーピオ・スカイ、イーサン・ペイジ、JDS vs クリス・ジェリコ、ジェイク・ヘイガー、サミー・ゲバラ。翌日のDynamiteでルチャ・ブラザーズの持つAAAタッグ王座選手権として、アンドラーデ・エル・イドロが謎のパレハを連れてきます。また、若きハイフライヤーダンテ・マーティン vs マラカイ・ブラック、ブライアン・ダニエルソン vs ボビー.フィッシュ、AEW世界王座の挑戦権をかけたトーナメントの詳細が発表されます。

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明