Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:スマックダウンとの直接対決に新展開!Youtubeで1時間のプレショーを発表、カードはブライアン・ダニエルソンvs鈴木みのる!!


 

 AEW社長のトニー・カーンは、今週の金曜日に行われるRampageの前にYoutubeでプレショーBuy Inを午後9時から行う事を発表しました。

今週のスマックダウンは、MLBプレーオフが開催されているため、FOXではなくFS1に放送局が移り、特別版の「Supersized」として2時間半の放送となり、Rampageの最初の30分と直接対決になる事が予告されていましたが、さらに1時間、AEWがこの対決を早めることとなりました。

このプレショーでは元NXTスターであるボビー・フィッシュがリー・モリアーティと、NJPWスター鈴木みのるがブライアン・ダニエルソンとシングルを行うことが発表されています。鈴木とダニエルソンは2004年、新日本で1度だけシングルで戦った事があります。

カーンはWFANのMoose&Maggieショーに出演し、AEWの競争や自分の焦点がどこにあるのかを語っています。

「最も重要なことはAEWが最高のショーを行う事であり、ショーを見れば、我々はこの観客をゼロから作り上げた事が分かります。2年前はAEWはありませんでしたが、今ではTNTで放送されるAEWは多くのファンの目に最高の番組として映っており、この視聴者をどんどん増やしています。前年比で2桁の伸びを記録しています。毎月、前年比で増加しており、現在は1年前に比べて30%増となっていますが、これには理由があります。しかし、ある意味で最悪のタイミングです。この先2週間は水曜が休みになります。」

「この週末は、私達に取って大きな意味を持つものです。しかし、我々はRampageで素晴らしいものを作り、TNTで金曜の夜にRampageを10時から、土曜の夜にDynamiteを8時から放送します。今、私達はこの勢いに乗っています。ケーブルテレビや衛星放送では6週連続で水曜にナンバーワンの番組を放送している。最近の好調な時期に水曜から移動するのはタイミングが悪いですが、今週末は私達にとって大きな意味をもちますし、番組もとても良いものになっています。彼等と競争するためではありません。最高のショーをすることが目的です。」

カーンは過去に、この2年間のAEWは自分の期待を超えていたと語っています。AEWの短期的な目標を明らかにしました。

「DynamiteとRampageの2つのショーが,それぞれの夜にケーブルでナンバーワンのショーになるチャンスを持ち続けたい。Dynamiteは水曜の夜に何度もナンバーワンになっています。今週の土曜は素晴らしい数字を出したいし、水曜日はそのナンバーワンの座を守りたい。Rampageも何度も1位を獲得していますが、金曜の夜はスポーツの競争が激しくなっています。しかし、今週のライブはビッグイベントだとファンに知ってもらいたいのです。この巨大なショーとトップスターで何が起こるかは誰にも分からないんです。」

スマックダウンは、スマックダウン女子王者ベッキー・リンチとサーシャ・バンクスのノンタイトルマッチ、キングオブザリングの準決勝フィン・ベイラーvsサミ・ゼイン、クィーンズ・クラウンの準決勝カーミラvsゼリーナ・ベガなどをラインナップしています。

一方、AEWはRampageでCMパンク vs マット・サイダル、既報の元UFCヘビー級王者JDSのプロレスデビュー戦となるスコーピオ・スカイ、イーサン・ペイジ、JDS vs クリス・ジェリコ、ジェイク・ヘイガー、サミー・ゲバラ。翌日のDynamiteでルチャ・ブラザーズの持つAAAタッグ王座選手権として、アンドラーデ・エル・イドロが謎のパレハを連れてきます。また、若きハイフライヤーダンテ・マーティン vs マラカイ・ブラック、ブライアン・ダニエルソン vs ボビー.フィッシュ、AEW世界王座の挑戦権をかけたトーナメントの詳細が発表されます。

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!