Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

IMPACT:グッドブラザーズが日本のバレットクラブとの関係を語る「俺達は常にバレットクラブに愛情を持っている。今までも、そしてこれからも。」

 

カール・アンダーソンはバレットクラブの創設メンバーであり、ドク・ギャローズもそれに続き、新日本で暴れていました。彼等やAJスタイルズ、フィン・ベイラーがWWEに移籍した後も、バレットクラブはリーダーやメンバーを変えながら新日本で活動を続けていました。2020年4月にアンダーソン、ギャローズがWWEから離脱すると、ヤングバックスやケニー・オメガと合流しバレットクラブを再結成すると、日本にいるバレットクラブとの間で銃撃戦が起こりました。Tru Heel Heatに出演し、関係性について語っています。

ギャローズはこのように述べました。

「ニューヨークの連中は何も出来ない。あいつらはそこに留まっているだけだ。俺達は世界にいる。Forbidden Doorを開いたんだ。あいつらは腹を立てているだろう。あいつらに会う度、あいつらが生活出来るよう、住む家があるよう、俺達に感謝のカードを送らねばならないことを思い出させるからだ。俺達がいなければ、あいつらの生活は成り立たない。俺達にロイヤリティーを送ってほしいもんだ」

アンダーソンはこう付け加えます。

「"ニューヨーク"のケツに敷かれるのは、あいつらがニューヨークにいたいからだろ?俺達が敵意があったことはない。俺達は常にバレットクラブに愛情を持っている。今までも、そしてこれからも。俺達がAEWに出て、The ELITEの問題があるかもしれない友人達とハグしてきたとき、俺達を非難し始めたが、俺達は違う。俺達は皆と良い関係を築けてる、それはあいつらの責任だ。あいつらが俺達に敵意を持ってるから、俺達はバレットクラブのヤングボーイを叩きのめせるんだ。」

PPV「Bound for Groly」では、グッドブラザーズはデビッド・フィンレー、ジュース・ロビンソンと共に、クリス・ベイ、ヒクレオとのトリプルスレットタッグマッチに出場します。

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!