Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:学生アスリートとの契約を可能にするNILプログラムの利用を発表、WWEへの就職を斡旋


 WWWは1日、大学のアスリートがWWEに参入する道を開く為の「NILプログラム」の開始を発表しました。

プレスリリースによると、「NILプログラムは、多様な競技背景を持つ大学選手との協力的なパートナーシップを通じて、タレント開発プロセスを強化する事を目的としています」とのことです。

トリプルHはFast Companyの取材に応じ、このプログラムについて詳しく説明しました。

「WWEへの道をアスリートに示し、彼等がWWEについて知り、我々が彼等について知る事ができるような形でアスリートと関わり、一緒に仕事をしながら、彼等が大学を卒業する前に、彼等が人生の次のステージで何をしようとしているのかについて決断を下す前に、それがフィットするかどうかを見極める事ができるので、我々にとって、このプログラムは素晴らしいリクルートツールであるとすぐに考えました。」

「私の世代、あるいは、最近でも、誰かと知り合いになる必要がありました。アスリートをリクルートしたり、彼等を見つけ出して、WWEに興味と情熱を持てば利益を得られる可能性がある事を知ってもらうために、多くの努力をしてきました。」

ゲーブル・スティーブソンはこのプログラムを利用して契約した最初のアスリートで、ミネソタ大学でのレスリングキャリアを終えた後、WWEに参戦します。

また、先日行われたWWEのトライアウトで、トリプルHはアラバマ大学の砲丸投げ選手アイザック・オドゥゲサンに感銘を受けました。

「いいね、この子を連れてこようと思ったのですが、彼はまだ学校に通っている事が分かりました。それがちょうどNILの頃に起こったので、契約を結んだのですが、彼は在学中に色んな事に取り組んでいるので先を越される事になります。契約は在学中の生活費を賄う事ができるような低額のものからあるかもしれません。もちろん、オリンピックの金メダルを持ってくるとなれば、話は変わってきますが。」

スティーブソンは既に2021年のWWEドラフトでRAWに指名されました。大学生活が終わり、5月から3年契約を結んでいます。

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!