AEW:ジェイク・ヘイガー、ジョシュ・バーネットとの遺恨理由にBloodsport参戦を拒否

 

Throwing Down w/Renee and Mieshaに出演したジェイク・ヘイガーはMMAスタイルのレスリングイベント「Bloodsport」をいつかやる可能性に付いて聞かれました。彼はそのようなスタイルのレスリングのアイデアを受け入れる一方で、プロモーターであるジョシュ・バーネットとのヒートを理由に出演する事は無いと明かしました。

「殴られるのは最悪だ。もし、ある男のプロモーションについて話してるんだとすれば、その男とは仕事をしない。自暴自棄は臭いコロンの匂いがするし、誰もがプロレスラーになりたいんだ。」

ヘイガーは何故、2人の間にヒートが起こったか明確には答えず、争いをすぐに解決するつもりは無いと答えました。

「ステッキを持った老人がTwitterで俺に突っかかってきたから、そのステッキを蹴飛ばして歩き続けただけだ」

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???