ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:タイ・コンティ、2022年に日本に来る事を希望「柔道もやっているからか、全部繋がって、日本のスタイルが大好きになりました。」


 タイ・コンティは日本行きを希望しています。

柔道をバックグラウンドに持ち、ストライキングのスキルでも知られるコンティは、日本のレスリングから多くの影響を受け、自分のスタイルに落とし込んでいます。彼女は2022年のどこかのタイミングで日本に行き、彼女が尊敬する人達に学び、技術を磨きたいと考えています。

Elite POVに出演したコンティは、日本に影響を受けたのはいつかと聞かれ、最初は覚えていないが、自分のスタイルにしたいと思った最初の1人として、ケニー・オメガの名前を挙げました。

「私はケニーの名前を挙げます。面白い事に、今、私は彼と一緒に働いています。私のお気に入りだったんです。NXTの頃の私の試合を見ると、Vトリガーをやっていますが、それは私が彼のファンだったからです。ラウル(メンドーサ)と話していましたが、私の親友の1人で、ラテングループ全体の繋がりがあって、彼等が「こういうタイプの試合はコンティのスタイルに近いんじゃないか」って言ってくれて、送ってくれたんです。今までプロレスを見た事があなかったから、聞いた事も無いような名前がいくつもあって、それがきっかけで見るようになりました。」

「NXTで自分のスタイルを模索していたので、「これで自分の好みを確認しよう」って思ったんです。フリップはできない、あれは自分じゃない。それで日本の試合を見るようになったんです。柔道もやっているからか、全部繋がって、日本のスタイルが大好きになりました。今までで一番好きなスタイルです。もちろん日本には本当に行きたいと思っています。来年は行けたらいいなと思っています。私の最大の目標の一つです。日本に行って、学んで、顔を殴られて、人の顔を殴りたい。自分が大きく成長し、より良くなる事は間違いありません。現地に行って働き、ベストを尽くす事にとても興奮しています。日本人と一緒に柔道をやっていた時でさえ、トレーニングはとても大変でした。ドイツやポルトガルに行ったり、どの国でも大きなトレーニングセッションがありますが、日本人のトレーニングは異常でした。早く現地に行ってレスリングの練習をしたいです。きっと楽しいと思う。私の好きなタイプのプロレスです。AEWでは人がいて、「これは夢かな?」って感じです。」

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!