ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

ROH:6メンタッグ王者シェーン・テイラーが"SuperKliq"ヤングバックス&アダム・コールを挑発!!「つまり、こういうことだ、誰がドアに出入り出来るかをコントロールする時、お前はそれを言う事が出来る。」


 シェーン・テイラーはSuperKliqとの対戦を望んでいます。

AEWはこれまで何度もトリオ選手権の導入を検討してきました。現在、ヤングバックスとアダム・コールはAEW全体の中でもトップレベルのトリオですが、その主張を証明する金のチャンピオンベルトは存在していません。

シェーン・テイラーは自分とシェーン・テイラー・プロモーション、STPがROHでやってきたトリオとしての仕事を非常に誇りに思っており、もし、AEWが6人タッグ選手権を創設し、ヤングバックスとアダム・コールのSuperKliqが王者になったとしても、STPに対して彼等のスキルを試すまでは、ペーパーチャンピオンに過ぎないと語りました。

「今、トリオレスリングについて語るとき、誰もが口にする名前はSTPだ。俺達と部屋を隔てて立っていない限り、俺達が持っているものを持たない限り、自分達が最高だと口にするヤツは嘘をついている。聞け、EVPとガイズ共。もし、バックスやコールが言っていることを本当に検証したいなら、電話一本で対応するし、他の会社のヤツでも同じ。俺達はてめぇの顔を殴っても問題ない。」

「つまり、こういうことだ、誰がドアに出入り出来るかをコントロールする時、お前はそれを言う事が出来る。今、歴史の物語を形作る事も出来る。あいつらは誇り高い男達だから、やりたければ紙のチャンピオンを持って歩く事も出来るだろう。だけど、プロフェッショナルレスリングスポーツにおいて最高のトリオではないということを、俺達と一緒にリングに上がるまでは毎日ソーシャルメディアで聞かされることになるだろう。それがSTPだからだ。」

今のところ、AEWがトリオ選手権をいつ、どのように導入するか確認していません。1月5日に主要ショーであるDynamiteがTBSネットワークに移行する際には、女子の第二のベルトであるTBSチャンピオンシップが導入されます。

また、ROHの年内最終イベントFinal Battleには、コロナ陽性となったバンディードに代わり、AEWからジェイ・リーサルが出場します。リーサルは当初、このイベントには出演しないと公言していました。トニー・カーンはROHをサポートすると発言しています。

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!