WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:ナイラ・ローズが作家、アーティストと組み、マーベル・ユニバースの新作「Giant-Size X-Men:Thunderbird #1」のコミックを執筆することを発表!


 

 AEWのスター、ナイラ・ローズがマーベル・コミックで初のプロジェクトを執筆することが決まりました。

マーベルは今週ローズが作家スティーブ・オーランド、アーティストのデビッド・カトラーと組み、「Giant-Size X-Men:Thunderbird #1」コミックを執筆することを発表しました。

このコミックは4月27日に発売される予定です。

ローズはこの仕事についてツイートし「ようやく私の素晴らしいサイドプロジェクトの1つについて話す事ができます」と述べました。

サンダーバードはジョン・プラウドスターの名で知られ、X-MENのストーリーにおいて伝説的なヒーローであり、初めて戦死したX-Menとされています。ローズとの作品で、サンダーバードはマーベル・ユニバースに復帰する事になります。

ローズ、オーランド、カトラーの3人がチームを組み、「サンダーバードの復活の影響に取り組みながら、クラコア(マーベル・ユニバースに登場する放射線に影響された架空の島、島そのものが精神性を持ち生きている。1975年に書かれたGiant-Size X-Men #1にて登場)とその先の輝かしい未来の為に彼をセットアップする」と記されています。

ジョン・プラウドスターが戻ってきた世界は、彼がかつて知っていた世界とは全く異なっていました。サンダーバードはアパッチ族の保留地で過去の人物を探し、先住民族ミュータントコミュニティーへの恐ろしい脅威を発見します。サンダーバードは仲間を救う事が出来るのか?それとも、正当化された怒りが彼を迷わせるのだろうか?というあらすじが明かされています。

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明