国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年12月15日水曜日

ROH:名物リングアナウンサー、ボビー・クルーズが最後の瞬間を語る!「まだ2日しか経ってないからね、2ヶ月前から分かってたけど。私の中では、まだ終わってないんだ。」

0 件のコメント :

 

リング・オブ・オナーのリングアナウンサーとして知られるボビ−・クルーズがBusted Open Radioにゲスト出演しました。彼はFinal Battleとそれが終わりであった事を知って、抱いた感情に付いて話しました。

「非常に複雑です。なにより、リングのイントロを乗り切れるかどうか心配だった。私達が行ったリング・イントロは2つ。女子世界王座戦、そして、リーサル、グレシャムとの世界王座戦です。どちらもそれぞれ違う理由で心配でした。世界王座戦は特に、リング・オブ・オナーの試合をアナウンスするのはこれが最後だと思ったからです。世界タイトルマッチにこだわることはありません。リング上でのイントロ、手持ちカメラがリングに入る、その瞬間から離れたくなかったんです。」

ボビーはメインイベントのイントロを急がなければならなかったことを話し始めました。時間的制約から急ぐ必要がありましたが、それが感情の高まりを抑えるのに良い事だと感じました。

「今思えば良かったのは、リーサルの入場の時に、プロダクションが耳に入ってきて、できるだけ早くイントロを通すように言ってきたんです。過去にもあったことですが、PPVで時間がない場合、リング上でのイントロをカットしろとその場で指示されることもあります。"とにかく早く終わらせろ"とかね。だから感情移入したり、感動したりするチャンスもなかった。それを耳で聞いたときに「よし、出来るだけ速くやり遂げなければ」と思っただけなんだ。」

プロレス界での将来について、ボビーは関わり続ける事に前向きではあるものの、ベテランリングアナウンサーとして、誰かと衝突してナンバーワンになることには興味が無いと語ります。

「正直分からない。まだ2日しか経ってないからね、2ヶ月前から分かってたけど。私の中では、まだ終わってないんだ。私は何らかの役割で会社と仕事をしたいと思っています。リング合うアンサーの役割を知っているし、18回のFinal Battleと17年以上のROHでの経験を経て、私は「the Guy」でなければならないというエゴは持ってないよ」

「例えば、ジェスティン・ロバーツ(AEWのリングアナウンサー)とは仲間です。彼がリングアナウンサーとしてやってきたことは尊敬しているし、AEWに初日から在籍している事も尊敬している。数年前に一緒にAll Inに出場した事もある。もし、AEWが私のところに来て「ちょっとやって欲しい事がある」と言われても、ジャスティンをはね除けようとは思わない。AEWもジャスティンに喧嘩を売るようなことはしないさ。サブの番組に出たり、何かしたり、そういう形で会社の財産になる事は出来る。私には「今すぐ会社の誰かの代わりになる必要がある」なんてことはないんだ。だから、自分が関与し続ける事ができるように、何かをするという議論には間違いなくオープンだよ。」

Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿