Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

ROH:名物リングアナウンサー、ボビー・クルーズが最後の瞬間を語る!「まだ2日しか経ってないからね、2ヶ月前から分かってたけど。私の中では、まだ終わってないんだ。」

 

リング・オブ・オナーのリングアナウンサーとして知られるボビ−・クルーズがBusted Open Radioにゲスト出演しました。彼はFinal Battleとそれが終わりであった事を知って、抱いた感情に付いて話しました。

「非常に複雑です。なにより、リングのイントロを乗り切れるかどうか心配だった。私達が行ったリング・イントロは2つ。女子世界王座戦、そして、リーサル、グレシャムとの世界王座戦です。どちらもそれぞれ違う理由で心配でした。世界王座戦は特に、リング・オブ・オナーの試合をアナウンスするのはこれが最後だと思ったからです。世界タイトルマッチにこだわることはありません。リング上でのイントロ、手持ちカメラがリングに入る、その瞬間から離れたくなかったんです。」

ボビーはメインイベントのイントロを急がなければならなかったことを話し始めました。時間的制約から急ぐ必要がありましたが、それが感情の高まりを抑えるのに良い事だと感じました。

「今思えば良かったのは、リーサルの入場の時に、プロダクションが耳に入ってきて、できるだけ早くイントロを通すように言ってきたんです。過去にもあったことですが、PPVで時間がない場合、リング上でのイントロをカットしろとその場で指示されることもあります。"とにかく早く終わらせろ"とかね。だから感情移入したり、感動したりするチャンスもなかった。それを耳で聞いたときに「よし、出来るだけ速くやり遂げなければ」と思っただけなんだ。」

プロレス界での将来について、ボビーは関わり続ける事に前向きではあるものの、ベテランリングアナウンサーとして、誰かと衝突してナンバーワンになることには興味が無いと語ります。

「正直分からない。まだ2日しか経ってないからね、2ヶ月前から分かってたけど。私の中では、まだ終わってないんだ。私は何らかの役割で会社と仕事をしたいと思っています。リング合うアンサーの役割を知っているし、18回のFinal Battleと17年以上のROHでの経験を経て、私は「the Guy」でなければならないというエゴは持ってないよ」

「例えば、ジェスティン・ロバーツ(AEWのリングアナウンサー)とは仲間です。彼がリングアナウンサーとしてやってきたことは尊敬しているし、AEWに初日から在籍している事も尊敬している。数年前に一緒にAll Inに出場した事もある。もし、AEWが私のところに来て「ちょっとやって欲しい事がある」と言われても、ジャスティンをはね除けようとは思わない。AEWもジャスティンに喧嘩を売るようなことはしないさ。サブの番組に出たり、何かしたり、そういう形で会社の財産になる事は出来る。私には「今すぐ会社の誰かの代わりになる必要がある」なんてことはないんだ。だから、自分が関与し続ける事ができるように、何かをするという議論には間違いなくオープンだよ。」

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!