WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:ソニー・キス、AEWがインクルーシブであることを賞賛する「私達が私達でいることを許してくれる。会社から信頼され、そのような表現が出来るのは気持ちのよい事です。」


 ソニー・キスがShining Wizardsの取材を受けました。

AEWでもっとやりたいことについて

「もちろん。コーディ(・ローデス)とも話したんだけど、「もっと何かした方がいい?何か上手くいかないことがある?もっと自分をアピールした方がいいんだろうか」って、そしたら「そうだ、常に自分を見てもらい、知ってもらう為に出来る限りの事をしろ」って言ってくれました。実は、この事は誰も知らない、まぁ、私の事を知ってる人は知ってると思うけど、PPVのルチャ・ブラザーズのスティール・ケージの試合、実は私もダンサーの1人で、振り付けも担当したんです。その日の夜、コーディに連絡して「こういうこと?これでいいんだろうか?こんなことしてていいのかな?」って聞いたら「全然違うよ。他に何かをしているわけではないのだから、誰かの入場をより良く見せるということで貢献すればいいじゃないか」と言ってくれたんです。確かに心強かったですね。」

ジム・ロスや他のレジェンドとの仕事について

「実は先日、ジム・ロスにテキストを送ったばかりです。彼の健康を祈り、良いエネルギーを送りたいと思ったんです。色々な事を考えると、正直クレイジーだと思います。ダスティン・ローデスやビリー・ガン、師と仰ぐべき人達がこんなにたくさんいるんです。"とんでもない!"みたいな。面白い事があって、ビリー・ガンが最初に言ってきたのは「俺がAss Manと呼ばれてた時に、お前みたいなケツがあったら、もっと儲かっていただろうに」って言われたんです。私は思わず「なんてこと、面白過ぎる」って思いました。こんなおかしいことはありません。想像もつかないし、ただただt凄いとしか言いようが無い。私の原動力の1つです。自信が無いとき、評価されていないと感じる時でも、自分がどれだけ恵まれているか、感謝するべきかを考えるんです。私は間違いなくハングリーであり続ける事が出来、養う手を軽んじる事無く、より良く、より多くを望む努力をする事が出来ます。」

もし、AEWにNXTのような育成プログラムがあれば

「ナイトメアファクトリーがそれに一番近いというのが間違いありません。QTマーシャルとコーディがトレーナーです。キャンプを行い、彼等の育成プログラムのような者だと思います。DarkやElevationですでに契約している選手が色々試して、経験を積み、ストーリーラインを試し、新しい事を試し、次のレベル、テレビレベル、RampageやDynamiteに行く為に選手を育てる方法と言えます。パフォ−マンスセンターは長く存在していますが、AEWはより多くのリソースで新しいスターや今後のスターを助けるというポイントに到達するつもりだと思います。」

AEWがインクルーシブ、(社会的包括的、あらゆる人が孤立したり、排除されないよう援護し支え合う)であることについて

「誰もが1人1人異なっており、とても素晴らしいです。この会社は同じような形に納まるように言った事がありません。私、ボーエンズ、ナイラ、レイラ………誰か欠けてる?そうだったらごめんね。でも、私達は大勢います。オーブリー、ディアマンテ、キエラ・ホーガン、たくさんいます。そこがいいんです。私達が私達でいることを許してくれる。会社から信頼され、そのような表現が出来るのは気持ちのよい事です。素晴らしい事です。」

Wrestling News.co

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明