Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:Dynamite、祝日の影響もありビデオ録画率が大幅に上昇!トニー・カーンはより素晴らしいプロレスを続けていくとコメント


 トニー・カーンはAEWの視聴者がどこかに行ってしまう事を心配していません。AEWの視聴者数はサンクスギビングのイブとな12月1日の放送で減少しましたが、AEWがプロレスを提供し続ける事で、プロレスファンが定着すると信じていると、Busted Open Radioで語りました。
「我々は今、素晴らしいオーディエンスを抱えています。人々は小さなトレンドに夢中になります。例えば、感謝祭のイブには多くの人が出かけていたので、DynamiteではDVR(ビデオレコーダー)の録画数を調べていたのですが、素晴らしい視聴者を得る事が出来ました。これまでで最大の観客数となりました。祝日ということもあり、他の視聴者ほどではありませんでしたが、これまでで最も視聴されたエピソードとなり、大成功でした。今週の放送は、ケーブルテレビで3位を獲得しています。このように高い評価を得られれば、誰もが喜びますし、我々のシェアも非常に良かったと思います。AEWで成長した人達がたくさんいます。」

サンクスギビング・イブのDynamiteは視聴者数89万8000人、視聴率0.31。この日に放送された番組で最も高い視聴率を示しています。12月1日の放送は視聴者数86万1000人、視聴率0.31となっています。デイブ・メルツァーはサンクスギビング・イブの放送では、DVR視聴率がキーデモとなる18-49歳の層で41%伸びたと報告しています。

カーンは続けて、AEWの視聴者と番組で育ったファンについて語りました。

「AEWは長い間存在していなかったレスリング界の地位を獲得しています。その場所を埋めようとしていた他の会社には敬意を示しますが、実行可能な第二のナショナル・カンパニーはありませんでした。WCWの死後、TNTやTBSのような素晴らしいチャンネルでも普及しているような実行可能な代替手段はなかったのです。ファンはこのような時を20年も待っていたのです。Dynamiteが始まって2年、我々は3年目に入ります。AEWを見ている人は沢山います。毎週、数字が0.02か0.03上がるかに囚われるのではなく、木を見て森をみうしなわないようにしたい。私達にはたくさんのファンがいて、彼等はプロレスファンです。WCWはプロレスで素晴らしい視聴者を獲得していたし、96年頃にはWWFも同等かそれ以上のものをやっていた。彼等にはまだビッグネームではない多くのタレントがいましたが、素晴らしいプロレスにファンが反応しているのが分かりました。対して、WCWはもっと素晴らしいプロレスをやって、素晴らしい観客やベースを維持することで応えるのではなく、そこから離れてしまったのです。そのようなことをしたくありません。AEWで期待できることは、たくさんの素晴らしいプロレスを見る事ができるということなのです。約束します、話すだけのショーにするつもりはありません。」

カーンは話をすることが多いショーは、AEW Rampage The First Danceだけだと言いました。



Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!