国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年12月4日土曜日

AEW:Dynamite、祝日の影響もありビデオ録画率が大幅に上昇!トニー・カーンはより素晴らしいプロレスを続けていくとコメント

0 件のコメント :


 トニー・カーンはAEWの視聴者がどこかに行ってしまう事を心配していません。AEWの視聴者数はサンクスギビングのイブとな12月1日の放送で減少しましたが、AEWがプロレスを提供し続ける事で、プロレスファンが定着すると信じていると、Busted Open Radioで語りました。
「我々は今、素晴らしいオーディエンスを抱えています。人々は小さなトレンドに夢中になります。例えば、感謝祭のイブには多くの人が出かけていたので、DynamiteではDVR(ビデオレコーダー)の録画数を調べていたのですが、素晴らしい視聴者を得る事が出来ました。これまでで最大の観客数となりました。祝日ということもあり、他の視聴者ほどではありませんでしたが、これまでで最も視聴されたエピソードとなり、大成功でした。今週の放送は、ケーブルテレビで3位を獲得しています。このように高い評価を得られれば、誰もが喜びますし、我々のシェアも非常に良かったと思います。AEWで成長した人達がたくさんいます。」

サンクスギビング・イブのDynamiteは視聴者数89万8000人、視聴率0.31。この日に放送された番組で最も高い視聴率を示しています。12月1日の放送は視聴者数86万1000人、視聴率0.31となっています。デイブ・メルツァーはサンクスギビング・イブの放送では、DVR視聴率がキーデモとなる18-49歳の層で41%伸びたと報告しています。

カーンは続けて、AEWの視聴者と番組で育ったファンについて語りました。

「AEWは長い間存在していなかったレスリング界の地位を獲得しています。その場所を埋めようとしていた他の会社には敬意を示しますが、実行可能な第二のナショナル・カンパニーはありませんでした。WCWの死後、TNTやTBSのような素晴らしいチャンネルでも普及しているような実行可能な代替手段はなかったのです。ファンはこのような時を20年も待っていたのです。Dynamiteが始まって2年、我々は3年目に入ります。AEWを見ている人は沢山います。毎週、数字が0.02か0.03上がるかに囚われるのではなく、木を見て森をみうしなわないようにしたい。私達にはたくさんのファンがいて、彼等はプロレスファンです。WCWはプロレスで素晴らしい視聴者を獲得していたし、96年頃にはWWFも同等かそれ以上のものをやっていた。彼等にはまだビッグネームではない多くのタレントがいましたが、素晴らしいプロレスにファンが反応しているのが分かりました。対して、WCWはもっと素晴らしいプロレスをやって、素晴らしい観客やベースを維持することで応えるのではなく、そこから離れてしまったのです。そのようなことをしたくありません。AEWで期待できることは、たくさんの素晴らしいプロレスを見る事ができるということなのです。約束します、話すだけのショーにするつもりはありません。」

カーンは話をすることが多いショーは、AEW Rampage The First Danceだけだと言いました。



Fightful

 

0 件のコメント :

コメントを投稿