Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:TBSトーナメント準決勝!サンダー・ロサvsジェイド・カーギルに割り込んだのは、紫雷イオのライバルとして名を馳せたメルセデス・マルティネスが帰還!!


 今夜のAEW Dynamiteでは、TBSチャンピオンシップ・トーナメント準決勝最後の試合として、サンダー・ロサvsジェイド・カーギルが行われました。ロサが低空ドロップキックなど足に狙いを定めた攻撃で序盤を優位に進めましたが、ジェイドのエージェントであるマーク・スターリングに気を取られると、主導権を握られてしまいました。試合終了間際、突如フードを被った人物がロサを殴りつけ、カーギルのピンフォールをアシストしました。

負けて激怒したロサは勝ち名乗りを受けるカーギルに襲いかかるも、再びフードの人物が戻ってきて、ロサを襲撃。ここで元NXTスターのメルセデス・マルティネスであることを明かしました。なおも暴力を振るうカーギルとメルティネスを見かねたルビー・ソーホーがバックステージから駆けつけて、2人をリングから追い出しました。

2019年の旗揚げ時に、マルティネスは複数回登場した後、WWEへ移籍。最近の予算削減で、リリースされていました。

TBSトーナメントの決勝戦は、来週のAEW Dynamiteでジェイド・カーギルvsルビー・ソーホーに決まりました。カーギルはロサを破った事で、21勝0敗と無敗伝説を守り続けており、このトーナメントで誰が頂点に立つのか興味深いところです。ルビー・ソーホーもAEWに来て以来、輝かしい戦績を収めており、唯一の負けはAEW女子選手権でのブリット・ベイカーへの敗戦のみとなっています。




Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!