Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:アダム・コールはジョニー・ガルガノがAEWに来る事を熱望している「俺はジョニーを死ぬ程愛している。彼が来るならすごいと思う。」


 アダム・コールはジョニ・ガルガノのAEW入りを望んでいます。

2人はこの4年間、NXTの二本柱でした。2019年にNXT王座を巡り、三部作とも呼ぶべき試合を行うことで常に互いにリンクしてきました。また2人は、アダムの最後のWWEコンテンツ、マテル・エリート・スクワッドのアクション・フィギュア公開も参加しました。

アダムは、今、その関係がプロレスのスクリーンを超えて、広がっている事を語りました。

レニー・パケットとミーシャ・テイトのポッドキャストThrowing Downに出演したアダムはジョニー・ガルガノを常に彼の最大のライバルであり、AEWで会いたい良い友人の1人だと考えていると言いました。

「俺は常にジョニー・ガルガノを歴代のお気に入りの対戦相手の1人に挙げるだろう。NXTでは、今でも信じられない程誇りに思える試合を何度もしたんだ。俺以外の、熱狂的な人間であることを誰もが認めるだろう。ジョニーはAEWでぜひ見てみたい選手だよ。プロレスの風景が変化し、進化し続ける中で、誰がそれを知ってるだろうね。」

ジョニーがAEWに来るかどうかについては、連絡を取り合っているものの、その内容は現実的な問題についてだと語ります。

「ジョニーとはチャットをしているけど、もっと現実的なことを話している。俺は彼が何をしたいのかについて、あまり強要していない。もうすぐ赤ちゃんが生まれるので、本当に楽しみなんだ。あいつがそれに超集中しているのは知っているし、それはクールなことだ。俺はジョニーを死ぬ程愛している。彼が来るならすごいと思う。」

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!