Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:カイル・オライリーとの契約について語る「TNTでの試合は、アダム・コール、ボビー・フィッシュ、カイル・オライリーといった面々との戦いが多かった。」

NXTの最大派閥がAEWと契約したことについて、トニー・カーンが語っています。過去4年に及び、カイル・オライリー、アダム・コール、ボビー・フィッシュはUndisputed エラとしてNXTに君臨していました。カイルとの契約について、トニーは彼がフリーエージェントであることを知った瞬間から欲していたと明かしました。

「カイル・オライリーはAEWにとって大きなプラスになる。彼は素晴らしいレスラーだ。カイルだけじゃなく、ボビー・フィッシュとアダム・コールも手に入れた。これらは個々に大きな契約ですが、一緒になればより大きな契約となります。アダム・コールのデビューはAEWにとっても最も重要な瞬間の1つであり、今、彼はかつてのパートナーに囲まれています。カイル・オライリーがデビューし、先週のDynamiteでオレンジ・キャシディに対し、アダム・コールが勝利するのを助ける事は、AEWへの関心をさらに高める事になるんです。」

今週3人がリングに上がる事について、AEWがTNTでの時間のほとんどをかつて彼等が所属していたNXTの真っ向勝負として彼等と戦っていたのを踏まえて、TNTでのDynamite最終回(来年からTBSに移行するため)で紹介することが適切だろうと語りました。

「カイルは今週リングでビューしますが、それがTNTのDynamite最終回で行われるのは象徴的な事です。TNTでの試合は、アダム・コール、ボビー・フィッシュ、カイル・オライリーといった面々との戦いが多かった。今、AEWで彼等をチームに加えた事については、とても大きなアドバンテージになっています。彼等がここにいることは、とてつもなく大きい。カイルがフリーになったら、すぐにAEWと契約して欲しかった。」

「今週のDynamiteは特別なものになるだろう。アダム・コールがデイリーズ・プレイスに初登場するのが見られるし、CMパンクもそうだ。スティングも登場する。その最前線では、コールとボビー・フィッシュがリングデビューしたばっかりのカイル・オライリーとタッグを組む事になるんだ。」

アダム・コールはBTEの中で、カイル・オライリーの登場はサプライズで、ボビー・フィッシュが画策したことであり、ヤング・バックスと彼等が組めば、誰も敵はいないと弁明をしています。

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!