Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:ジム・ロスがジェフ・ハーディーのリリースについて語る「私は多分、ビジネスの中で誰よりもジェフ自身と1on1で話しをしたことがあると思っている。」


 Grillling JR Podcastの最新エピソードで、ジム・ロスはハーディ・ボーイズのWWEにおけるレガシーに付いて話しました。彼等をオールタイムで偉大なWWEタッグチームと賞賛し、その偉大さを説明しました。

「ハーディーズはWWEで開発された中で最も偉大なチームだ。考えてみてくれ、あーん&タリーやダッドリーズの話じゃない。たくさんの偉大なチームがいたが、マットとジェフは自分達でミシンを使って縫った自作のプロレス用タイツを履いてやってきたんだ。私はこの物語が大好きで、彼等の熱意と若さ故の情熱が大好きなんだ。ハーディーズほどWWEで発展したタッグチームは無いだろう。いつか彼等が(WWEで)殿堂入りすることを願っています。ジェフが残念ながら去ってしまったので、それがどうなるかうまくいくかは分かりませんが、WWEがハーディー・ボーイズより良いタッグチームをホームグロウンで開発した事が無いと私の意見では思うんだ、彼等は賞讃に値するよ」

ジェフは最近、ライブイベントで自分の試合から勝手に退場する事件を起こし、WWEからリリースされました。ジム・ロスはリリースについて話し、ジェフと話す機会があったら何と言うか詳しく説明しました。

「我々は全ての詳細を知らない。最悪のケースも想定していたが、本当のところは何もしらないんだ。私は多分、ビジネスの中で誰よりもジェフ自身と1on1で話しをしたことがあると思っている。私がこの件で話す事は分かっている。彼は善良な心と魂を持っているが、弱点もある。もし、彼が私に電話してきて「何かアドバイスをしてくれ」と言ったら、健康になって、家族を楽しみ、クリスマスの買い物を済ませて、休日を楽しみ、自分が持っている者に感謝しなさいと言うだろうね。そして、今あるものに感謝し、恵みを数えなさい。それが私が彼に言いたいことだ。」

元WCW会長のエリック・ビショフは、ジェフに対し、プロレスを離れるよう助言すると述べています。このビジネスが彼に害を与えている事は明らかで、AEWや他のプロレス会社で終わるのを見たくないと思っていたそうです。ジム・ロスはハーディの前途と、殿堂入りレベルのキャリアを持つカリスマティック・エニグマが次に何をするのか見てみたいか語りました。

「私はいつしか彼がAEWでプロレスをしていることを願っている。それは間違いない。ハーディーズとヤングバックスを想像できるか?ハーディーズとルチャ・ブラザーズ?ハーディーズとFTR、バトル・オブ・ノースカロライナ?このようなもの全てだ。明白だろう。いつだって道は開けている、トニー・カーンならもう1度チャンスを与えれる、彼は才能のための偉大な心眼を持っている。今すぐに今日やる必要は無い、この先どこかでやることになるだろうし、タッグシーンを大いに盛り上げてくれるだろう。」

WrestlingInc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!