WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:ジム・ロスがジェフ・ハーディーのリリースについて語る「私は多分、ビジネスの中で誰よりもジェフ自身と1on1で話しをしたことがあると思っている。」


 Grillling JR Podcastの最新エピソードで、ジム・ロスはハーディ・ボーイズのWWEにおけるレガシーに付いて話しました。彼等をオールタイムで偉大なWWEタッグチームと賞賛し、その偉大さを説明しました。

「ハーディーズはWWEで開発された中で最も偉大なチームだ。考えてみてくれ、あーん&タリーやダッドリーズの話じゃない。たくさんの偉大なチームがいたが、マットとジェフは自分達でミシンを使って縫った自作のプロレス用タイツを履いてやってきたんだ。私はこの物語が大好きで、彼等の熱意と若さ故の情熱が大好きなんだ。ハーディーズほどWWEで発展したタッグチームは無いだろう。いつか彼等が(WWEで)殿堂入りすることを願っています。ジェフが残念ながら去ってしまったので、それがどうなるかうまくいくかは分かりませんが、WWEがハーディー・ボーイズより良いタッグチームをホームグロウンで開発した事が無いと私の意見では思うんだ、彼等は賞讃に値するよ」

ジェフは最近、ライブイベントで自分の試合から勝手に退場する事件を起こし、WWEからリリースされました。ジム・ロスはリリースについて話し、ジェフと話す機会があったら何と言うか詳しく説明しました。

「我々は全ての詳細を知らない。最悪のケースも想定していたが、本当のところは何もしらないんだ。私は多分、ビジネスの中で誰よりもジェフ自身と1on1で話しをしたことがあると思っている。私がこの件で話す事は分かっている。彼は善良な心と魂を持っているが、弱点もある。もし、彼が私に電話してきて「何かアドバイスをしてくれ」と言ったら、健康になって、家族を楽しみ、クリスマスの買い物を済ませて、休日を楽しみ、自分が持っている者に感謝しなさいと言うだろうね。そして、今あるものに感謝し、恵みを数えなさい。それが私が彼に言いたいことだ。」

元WCW会長のエリック・ビショフは、ジェフに対し、プロレスを離れるよう助言すると述べています。このビジネスが彼に害を与えている事は明らかで、AEWや他のプロレス会社で終わるのを見たくないと思っていたそうです。ジム・ロスはハーディの前途と、殿堂入りレベルのキャリアを持つカリスマティック・エニグマが次に何をするのか見てみたいか語りました。

「私はいつしか彼がAEWでプロレスをしていることを願っている。それは間違いない。ハーディーズとヤングバックスを想像できるか?ハーディーズとルチャ・ブラザーズ?ハーディーズとFTR、バトル・オブ・ノースカロライナ?このようなもの全てだ。明白だろう。いつだって道は開けている、トニー・カーンならもう1度チャンスを与えれる、彼は才能のための偉大な心眼を持っている。今すぐに今日やる必要は無い、この先どこかでやることになるだろうし、タッグシーンを大いに盛り上げてくれるだろう。」

WrestlingInc

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明