Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:ショーン・マイケルズ、療養休暇中のトリプルHについて語る「時速100マイルから何もないところへ行くのは、彼にとって調整が必要だった。」

 

 

長年ノンストップで仕事をしてきたトリプルHは9月の体調不良により、長期休暇を取らざるを得なくなりました。親友のショーン・マイケルズによると、彼はようやく休みを受け入れ始め、本人もそれほど悪い事ではないと認識し始めたとInstinct Cultureのインタビューで応えました。

トークの中で、WWE副社長と連絡を取り合っているか、またどのように過ごしているかと尋ねられました。ショーンはトリプルHがここ数年とてもハードに働いていることについて話し、自由な時間になれるには時間がかかると説明しました。

「正直に言えば、私が彼を悩ませているんだ。ここ数年、とてもたくさん働いてきたし、それが普通のことになっていくことを理解していなかったと思う。彼が少し離れている事に慣れが必要なんだ。私はそれを受け入れ、実行する準備が出来た数少ない人間の1人だ。しかし、それが突然起こり、予期していなかった場合は………」

ショーンは、多くの仕事から突如、何もない状態になることに如何に調整が必要かを続けて説明しました。しかし、この休日の中で、トリプルHは休みがそれほど悪い物ではないことを実感しているようです。

「時速100マイルから何もないところへ行くのは、彼にとって調整が必要だった。だけど、彼はようやくこの時期になって、「あまり悪い事ではない」と感じ始めてるように思います。ちょっと楽しんでいる気がします。彼にとっては当然の休暇なんだ、確実にね」

Sescoops

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!