国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年12月26日日曜日

WWE:ショーン・マイケルズ、療養休暇中のトリプルHについて語る「時速100マイルから何もないところへ行くのは、彼にとって調整が必要だった。」

0 件のコメント :

 

 

長年ノンストップで仕事をしてきたトリプルHは9月の体調不良により、長期休暇を取らざるを得なくなりました。親友のショーン・マイケルズによると、彼はようやく休みを受け入れ始め、本人もそれほど悪い事ではないと認識し始めたとInstinct Cultureのインタビューで応えました。

トークの中で、WWE副社長と連絡を取り合っているか、またどのように過ごしているかと尋ねられました。ショーンはトリプルHがここ数年とてもハードに働いていることについて話し、自由な時間になれるには時間がかかると説明しました。

「正直に言えば、私が彼を悩ませているんだ。ここ数年、とてもたくさん働いてきたし、それが普通のことになっていくことを理解していなかったと思う。彼が少し離れている事に慣れが必要なんだ。私はそれを受け入れ、実行する準備が出来た数少ない人間の1人だ。しかし、それが突然起こり、予期していなかった場合は………」

ショーンは、多くの仕事から突如、何もない状態になることに如何に調整が必要かを続けて説明しました。しかし、この休日の中で、トリプルHは休みがそれほど悪い物ではないことを実感しているようです。

「時速100マイルから何もないところへ行くのは、彼にとって調整が必要だった。だけど、彼はようやくこの時期になって、「あまり悪い事ではない」と感じ始めてるように思います。ちょっと楽しんでいる気がします。彼にとっては当然の休暇なんだ、確実にね」

Sescoops

0 件のコメント :

コメントを投稿