WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

ショートニュース:DDP、アルベルト・デル・リオを地球上で最も才能ある男の1人と賞讃他


 

【DDP、アルベルト・デル・リオを地球上で最も才能ある男の1人と賞讃】

DDPはThe Bro Showに出演し、最近、性的暴行、誘拐の容疑が晴れたアルベルト・デル・リオを地球上で最も才能のある男の1人と賞讃しました。

「あのな、俺はキャットが地球上で最も才能のある男の1人だと思っているんだ。あいつの仕事は大好きだ、超信頼できる。あいつならどこにだって行けると思う。WWEでメインイベントで活躍出来る事証明した選手なんだ、引き抜きたいね。」

アルベルト・デル・リオ自身は再びWWEに戻ることを目指しているとも、アンドラーデ・エル・イドロとの仕事に興味を持っているとも言われています。DDPはAEWが彼と一緒に仕事をすることで利益を得られると考えています。

「あいつはまだゲームをすることができる。もし、AEWに現れたら、彼等にとってかなりスウィートなことだろう。あいつは長い間見かけなかったが、誰もがあいつのことは知っているからな」


【メルセデス・マルティネスの正式契約を内部の人々は歓迎している】

2019年のAEW旗揚げ当初に参加していたメルセデス・マルティネスが当時、最終的にWWEを選択し、AEWとの契約を拒否したことでバックステージで悪感情があったのか、とファンは噂をしていましたが、FightfulのSRSが実際にはそういう類のものはなく、内部の人達は非常に喜んでおり、現在、セリーナ・ディーブがやっているような路線でより多くの経験を様々な人々に与え、彼女なら助ける事ができると考えており、好意的だと見られているようです。

彼女は現在、41歳で、2000年初頭からプロレスを続けているベテランであり、多くのプロモーションがその経験と技術的なノウハウを高く評価しています。


【マット・ハーディーがreDragonを賞讃、カイル・オライリーもそれに反応】

マット・ハーディーがカイル・オライリーとボビー・フィッシュのタッグチームreDragonと代表的なフィニッシュムーブChasing the Dragonが炸裂したのを、Twitterで賞賛し、弟ジェフ・ハーディーと共に対戦したいタッグチームだったと明かしました。

これにカイルも、ハーディ・ボーイズとレスリング出来るのは光栄な事だと返しました。カイルとボビーがAEWに揃った事で2000年代のインディー、そしてNXTを代表するタッグチームが復活しましたが、ハーディーズもジェフがAEWに合流する事で、両者が望むようにいつか試合をする日が訪れるかもしれません。


【トニー・ストームとAEWスターの試合で見たい5つの組み合わせ】

#5トニーストーム vs ジェイミー・ヘイター
女子王者ブリット・ベイカーとの同盟により、AEWの常連として地位を確立しました。しかし、その実力を発揮する試合はまだありません。彼女の才能を開花させるには際立たせる相手が必要だと感じます。2人はキャリアを通じて一度だけ直面しています。EVEのSHE-1トーナメント決勝で、クリス・ウルフとの3Wayマッチでトニーがヘイターに敗れており、この一戦は女子プロレスの可能性と言うべき美しいショーケースとなりました。

#4トニー・ストーム vs ルビー・ソーホー
プロレスのフリーエージェントという立場においては、おびただしい数の女子レスラーとあまりにも身近な存在だと気付きます。しかし、同時にルビー・ソーホーもAEWに辿り着く前に同じような旅に耐えなければなりませんでした。ルビーはTBS王座獲得奪取の崖っぷちに立たされていますが、トニーがやってきて自分のペースに持ち込む可能性が十分にあります。

#3トニー・ストーム vs サンダー・ロサ
トニーがAEWに来る事でAEW女子ロッカールームに眠るスターメイカーになるかもしれません。サンダー・ロサはAEWとフルタイムで契約する前はNWA女性世界王者であり、元女子王者の1人と言えます。彼女とブリット・ベイカーのハードコアな試合は有名ですが、彼女の身体能力と激しさを示すのにも役立ちました。ロサは信頼出来るインリングワーカーとしても知られており、今、女子部門の上位に存在します。

#2トニー・ストーム vs 志田光
この2人の遭遇は8年前の日本にまで遡ります。2013年のREINAでタッグで志田を破った時、トニーはまだ若干18歳でした。志田はDouble or Nothing2021でブリット・ベイカーに王座を奪われましたが、トニーは次にどこへ行こうとも正統な挑戦者であり、元女子王者の志田光と対戦させることは、AEWがその意思を示す確実な方法であると言えます。

#1トニー・ストーム vs ブリット・ベイカー
ブリット・ベイカーはトニー・ストームがWWEをリリースされた直後に、Twitterで反応を示しました。またベイカーも自身のWWEでの追求が失望に終わるのを目の当たりにしてきました。その後、彼女はAEWで運命を好転させ、女子部門のトップに登り詰め、2021年の女子プロレスのキーパーソンを象徴していると言えます。トニー・ストームが同じくAEWに来る事で、その運命を好転させるとすれば、ブリット・ベイカーとリングとマイクの両方で素晴らしい敵になる、説得力のある物語を提供し、彼女の才能に相応しい一戦を見せるはずです。

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について