Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

MLW:デイビー・リチャーズ、2年の契約延長に応じる!エージェントとしての仕事、WWEやAEWからのオファーを断った理由など!


 

 デイビー・リチャーズはMLWと長期的な関係を結んでいる事が明かされました。

4年もの間ビジネスから離れていた彼は2021年6月にリングに戻り、MLWと契約する前に少数のインディペンデントで試合を行いました。膝の怪我でプロレスから遠ざかり、医師としての仕事を追求していましたが、IMPACTでの成功を知っている多くの人は復帰が発表されると、彼に関心を寄せました。

Busted Open Radioに出演したリチャーズは、MLWと2年の延長契約を結んだ事を明かしました。

「プロレスを辞めたとき、医学部に入り「俺は人生を決めた、医者として進むんだ」と思っていたけど、何か物足りなさを覚えていた。コブラカイという番組があって「神様は使って欲しくないものは人に与えない」というシーンがあるんだ。俺は「これは自分なりに戻って仕上げるしか無い」って思ったんだ。ロッキーの言葉を借りるならば「地下室にものが残っている」んだ。IMPACTは手を差し伸べ、AEWは手を差し伸べ、MLWは手を差し伸べた。AEWの選手達は素晴らしいが、彼等のスケジュールは俺には少し難しい。俺は父親であり、別のキャリアを持っている。MLWは最高で、その決断が出来てよかったと思う。彼等の事はあまり知らなかったが、話せば話す程自然にフィットしてきた。3ヶ月か、4ヶ月か経ったとき、彼等は俺に2年の契約延長を提案してくれた。俺は「ノープロブレム」と思ったんだ。長期に渡って、彼等と一緒にいられることをとても嬉しく思っている。」

リチャーズはMLWですぐに成功を収め、最近ではオペラカップを制覇しました。リング上での成功とともに、彼は舞台裏でもMLWに尽力しています。

「彼等はエージェントとして働く事を俺に尋ねてきたので、最新のテーピングで初めてのエージェントをやった。TJPとのオペラカップの試合は、彼がとても良い選手だから、それほど緊張しなかったし、何度でも対戦出来た。最初のエージェントとしての試合はとても緊張した。誰かが素晴らしい試合をしているのに、俺のせいで失敗するのは嫌だったんだ。これは間違いなく俺が学んでいる事で、このような機会を与えてくれた事に感謝しているよ。」

ヴィッキー・ゲレロのポッドキャスト「Excuse Me」で、AEWとWWEのオファーと断った話しも明かしています。

「俺は今まで3回WWEのオファーがあった。AEWも接触してきた。俺は父親だから、そんなにツアーにでるのは難しいんだ。それにIMPACTにいた時、彼等は俺をとてもよく扱ってくれたんだけど、俺はTVプロレスが嫌いなんだと分かった。どういう事かというと5分間のプロレスが嫌いなんだ。なんなら15分以下のプロレスも嫌いだ。俺のスタイルと違う。プロレスヲやっている人間がそれをとてもうまくやるのは悪い事じゃない。でも、俺のスタイルじゃない。俺はリングに入って、物語を語ったりするのが好きなんだ。そのためには、大きな会社に行って、「毎晩15分レスリングをするためにここにいるんだ」なんてことはできない。「いい感じだ、またね」ってな」

「今までになく、大企業とインディーズの間にその境界線はない。GCWはハマースタインを記録的な速さで完売させたばかりだ。インディペンデントは大手のプロモーションで目立つように認知され、その境界線は曖昧になっている。好きなインディペンデント・レスラーがテレビに登場しても、もう驚かない。それが俺のスタイルであり、楽しみなんだ。MLWでは、ただそこに行って15分から20分レスリングするために、多くのクリエイティブコントロールを与えられているんだ。」

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!