WWE:ジェフ・ハーディーはリハビリが必要な状態ではなかった?脱走劇には真相がある模様??マットが2本の動画を公開し、ハーディーズ再結成を煽る


マット・ハーディーは弟ジェフは現在最高の状態であると語っています。

マットは、月曜の夜、Twitchに登場し、弟の近況と将来について語りました。ジェフは先週WWE戸の契約を解除され、90日間の競業避止義務の下にあり、3月9日にフリーエージェントになる予定です。

マットは「ジェフは元気で、心配する必要は無い」と指摘し、ジョン・アルバもマットが今のジェフには何の問題も無く、今まで見た中でベストだったと言ったと付け加えています。また、ジェフがWWEに対しリハビリを断った事、マット自身もジェフがリハビリを必要としているとは感じておらず、いずれ準備が整えばすべてを説明すると指摘し、最大の懸念はジェフ自身の幸せと健康だが、その両方を今は得てると言っています。

これに関連して、TwitchとYoutubeチャンネルで2本の「マット・ファクト」動画にジェフが登場しています。



1本目の動画では、マットがハーディーボーイズの頭脳であり、AEWでのマットとジェフ再結成の可能性に関する噂と憶測を煽りました。

「プロレスファンの大多数が知っているが、理解出来ない少数派がいるかもしれない。もしマット・ハーディーに話しかけるなら、私がレジェンドであることを意識して私について話すことだ。私の名前を尊敬の念を持って口にして欲しい。私はプロレスのリングの中にいて、誰もがリングの将軍であることを知っています。マット・ハーディーはハーディボーイズの頭脳。ジェフを見て、「ウィスパー・イン・ザ・ウィンドをやれ!」「スワントーン・ボムをやれ!」「ポエトリー・イン・モーションをやれ!」と言えば、彼は私の判断を信じた。マット・ファクト(マットの事実)-マットはハーディー・ボーイズの立役者だった」

続いて、ジェフがヘッドホンをしながら登場すると、自らのWWE離脱を揶揄する言葉を続けました。

「あぁ、ごめん。ウィルソン・フィリップスの"Release Me"を聞いてたんだ。いいか、俺はウィスパー・イン・ザ・ウィンドウだ。俺はスワントーン・ボムだ。だけど、お前なしじゃ、ポエトリー・イン・モーションはできない。」

「事実は事実だ」と子供が駆けつける前にマットは付け加えます。「マット・ハーディーであることがどれだけ大変なことか、気味には分からないだろうね。でも彼にも一理ある。マット・ファクト-マットはブラザー・ネロを愛している。」



2本目の動画では「A Conversation With Brother Nero」というタイトルで公開し、Twitchなどのプラットフォームにジェフが参加する可能性について話し合い、ジェフがアコースティックコンサートとミート&グリートツアーを行うことを発表しました。

「このTwitchストリームを見ている皆さん楽しんでますか?そして、このマット・ファクトの一員になってくれたジェフにありがとうと言いたい。ジェフのアートや絵画を使ったものなど、とても芸術的です。ちょっと時間をとって、みんなに伝えたいんだけど、これから大きなコンサートがあるんだろ?」

ジェフは12月16〜19日の間、全米4カ所でのコンサートとミート&グリートツアーを発表しました。

3月以降の活動はまだ何も語られていません。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???