WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

WWE:ジェフ・ハーディーはリハビリが必要な状態ではなかった?脱走劇には真相がある模様??マットが2本の動画を公開し、ハーディーズ再結成を煽る


マット・ハーディーは弟ジェフは現在最高の状態であると語っています。

マットは、月曜の夜、Twitchに登場し、弟の近況と将来について語りました。ジェフは先週WWE戸の契約を解除され、90日間の競業避止義務の下にあり、3月9日にフリーエージェントになる予定です。

マットは「ジェフは元気で、心配する必要は無い」と指摘し、ジョン・アルバもマットが今のジェフには何の問題も無く、今まで見た中でベストだったと言ったと付け加えています。また、ジェフがWWEに対しリハビリを断った事、マット自身もジェフがリハビリを必要としているとは感じておらず、いずれ準備が整えばすべてを説明すると指摘し、最大の懸念はジェフ自身の幸せと健康だが、その両方を今は得てると言っています。

これに関連して、TwitchとYoutubeチャンネルで2本の「マット・ファクト」動画にジェフが登場しています。



1本目の動画では、マットがハーディーボーイズの頭脳であり、AEWでのマットとジェフ再結成の可能性に関する噂と憶測を煽りました。

「プロレスファンの大多数が知っているが、理解出来ない少数派がいるかもしれない。もしマット・ハーディーに話しかけるなら、私がレジェンドであることを意識して私について話すことだ。私の名前を尊敬の念を持って口にして欲しい。私はプロレスのリングの中にいて、誰もがリングの将軍であることを知っています。マット・ハーディーはハーディボーイズの頭脳。ジェフを見て、「ウィスパー・イン・ザ・ウィンドをやれ!」「スワントーン・ボムをやれ!」「ポエトリー・イン・モーションをやれ!」と言えば、彼は私の判断を信じた。マット・ファクト(マットの事実)-マットはハーディー・ボーイズの立役者だった」

続いて、ジェフがヘッドホンをしながら登場すると、自らのWWE離脱を揶揄する言葉を続けました。

「あぁ、ごめん。ウィルソン・フィリップスの"Release Me"を聞いてたんだ。いいか、俺はウィスパー・イン・ザ・ウィンドウだ。俺はスワントーン・ボムだ。だけど、お前なしじゃ、ポエトリー・イン・モーションはできない。」

「事実は事実だ」と子供が駆けつける前にマットは付け加えます。「マット・ハーディーであることがどれだけ大変なことか、気味には分からないだろうね。でも彼にも一理ある。マット・ファクト-マットはブラザー・ネロを愛している。」



2本目の動画では「A Conversation With Brother Nero」というタイトルで公開し、Twitchなどのプラットフォームにジェフが参加する可能性について話し合い、ジェフがアコースティックコンサートとミート&グリートツアーを行うことを発表しました。

「このTwitchストリームを見ている皆さん楽しんでますか?そして、このマット・ファクトの一員になってくれたジェフにありがとうと言いたい。ジェフのアートや絵画を使ったものなど、とても芸術的です。ちょっと時間をとって、みんなに伝えたいんだけど、これから大きなコンサートがあるんだろ?」

ジェフは12月16〜19日の間、全米4カ所でのコンサートとミート&グリートツアーを発表しました。

3月以降の活動はまだ何も語られていません。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について