Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:コルト・カバナの復帰で浮き彫りになるCMパンクの現状?WWE関係者も公式に連絡を取るのは抵抗があると言及


 

ソーシャルメディアの反応からすると、これはおそらく驚きではないだろうが、オール・エリート・レスリング内はコルト・カバナの復帰を喜んでいます。


Fightfulが11月2日のAEWダイナマイトについて聞いた10人ほどのタレントは、コルト・カバナの復帰を支持していました。カバナがパンクのためにテレビから排除されたという長年の噂を補強するものではないかという自然な問いかけがあり、それはパンクが直接要請したものであろうとなかろうと、パンクは激しく否定していました。

カバナが不在になる前、彼は信じられないほど幸せそうで、彼が去る数ヶ月前から試合のプロデュースを手伝っていたと聞いています。


Wrestlevotesは11月3日に ツイートで「昨晩ダイナマイトに現れたコルト・カバナはスタンフォードで気付かれなかったわけではない。今のところそれについては以上です。」我々が話を聞いた人々は、「CMパンクがAEWで終わっていなかったとしても、今はそうなるだろうというWWEへの大きな信号のように思えると言っていました。」と言っています。パンクとカバナの両方に詳しいWWE内のある情報筋は、「2人が再び一緒に仕事をすることができたら衝撃を受けるだろう」と述べました。あるWWE関係者は、「パンクとWWEの関係についての最新情報に似たような情報すら聞いておらず、状況を考慮すると公式に連絡を取ることに抵抗がある」と述べました。


FightfulはAEWに対し、カバナが恒久的に復帰するのか、復帰するのかを尋ねたが、今のところ返答はありません。


Fightful


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!